草地における温室効果微量ガスの排出係数

草地における温室効果微量ガスの排出係数

タイトル草地における温室効果微量ガスの排出係数
要約草地や圃場に還元された家畜ふん尿からのメタン、亜酸化窒素のガスフラックスを測定した。これらのガスフラックスの実測から、ガス排出量を試算する基礎となる排出係数を算定した。
キーワード草地、家畜ふん尿、メタン、亜酸化窒素
担当機関草地試験場 環境部 土壌肥料第1研究室
区分(部会名)農業環境
専門土壌
専門肥料
分類行政
背景・ねらい1992年6月に我が国は、「気候変動に関する国際連合枠組み条約」(通称:地球温暖化防止条約)に調印した。この条約加盟国は、温室効果ガスの排出量を目録別に計算し、国ごとの削減計画を定めることになっている。しかし我が国の草地においては亜酸化窒素(N2O)やメタン(CH4)の排出量は把握されておらず、このため、大気中へのN2OおよびCH4の放出量の試算に使用できる排出係数(各排出源から年間を通じて排出されるガス量)の算定が急がれている。
成果の内容・特徴
  1. 草地試験場内の施肥草地、無施肥草地及び家畜ふん尿の土壌還元に伴い発生するN2O及びCH4ガスフラックスをクローズドチャンバー法により測定した。年間を通じて草地ではN2O放出とCH4吸収が観察され、草地における面積当たりのN2O放出量、CH4吸収量と窒素肥料由来のN2O放出割合を算出した。また、家畜ふん尿の圃場還元により、N2O及びCH4放出が観察された。これによりふん尿は草地においてN2O及びCH4両方の発生源であることが示され、ふん尿に含まれる炭素及び窒素当たりのCH4放出率及びN2O放出率を算出した(表1)。
  2. 放牧牛から排泄されるふん尿に由来するN2O及びCH4排出係数は、関東地域における放牧期間中の牧草及び放牧牛の生育を加味したモデル出力値である排泄されるふん尿の量及び窒素成分量を基に算出した(表2)。
  3. N2O及びCH4排出量は排出係数に面積や家畜飼養頭数等の活動量を乗じて算出する(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 大気中へ放出されるCH4とN2Oの量についての積算基礎資料となる排出係数を算定したので、温室効果微量ガスの草地における排出試算が可能になる。
  2. 今後、他地域での測定データを加味し、より精密な排出係数にしていく必要がある。
具体的データ
表1
表2
表3
予算区分環境庁(地球環境)
研究期間1990~1994
発行年度1994
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat