転換年数の異なる低湿重粘土転換畑の脱窒速度

転換年数の異なる低湿重粘土転換畑の脱窒速度

タイトル転換年数の異なる低湿重粘土転換畑の脱窒速度
要約 低湿重粘土の転換畑(2,10年目)圃場における10~20cm層の脱窒速度は,土壌還元が発達し,硝酸態窒素が増加する7月に最大になる。10年目圃場に比べ,2年目圃場では土壌還元が発達し,脱窒速度も大きい。供試圃場の作付期間中の脱窒量は,転換2年目で12.5 kg ha-1,転換10年目で6.3 kg ha-1と推定される。
担当機関秋田県農業試験場 生産環境部 環境調和担当
連絡先0185-45-2011
区分(部会名)農業環境
専門土壌
分類研究
背景・ねらい 閉鎖水系の八郎潟干拓地では, 環境保全型の持続的農業が特に求められており, 環境負荷物質,に窒素の動態を明らかにする必要がある。ここでは低湿重粘土の転換2年目と10年目のスイートコーン作付圃場において, 土壌の酸化還元状態, 無機態窒素濃度, 脱窒速度の推移と脱窒量を把握する。
成果の内容・特徴
  1. 供試圃場は細粒質表層灰色グライ低地土,強粘質に分類される。転換2年目圃場(作付来歴:~H.10水田,H.11~12スイートコーン)では地表下30cmからグライ層が出現し,45cm以下は構造のない壁状である。10年目圃場(作付来歴:~H.2水田,H.3休耕,H4ダイズ,H.5~6休耕,H.7コムギ,H.8ダイズ,H.9~10秋キャベツ,H.11~12スイートコーン)では,2年目圃場に比べ酸化・乾燥が進み,下層にも弱い柱状構造の発達がみられる。施肥前の0~20cm層では無機態窒素は認められない。
  2. 転換2年目圃場では6月下旬のまとまった降雨後から土壌還元が発達し,10~20cm層でより発達する。転換10年目0~10cm層では調査期間中ほぼ酸化的に推移し,10~20cm層では降雨のあと土壌還元がみられる。転換2年目圃場は10年目圃場に比べ,より還元的に推移する(図1)。
  3. 硝酸態窒素濃度は,両圃場とも0~10cm層で施肥後徐々に増加し,6月下旬に150 mg kg-1程度と最も高くなり,まとまった降雨のあと減少する。10~20㎝層では,6月下旬から増加し7月中旬にかけ30~40 mg kg-1程度で推移する(図2)。
  4. 脱窒速度は,施肥後~6月下旬まで両圃場とも0~10cm層が10~20cm層より大きく,10~20cm層では土壌還元が発達し,硝酸態窒素が増加する7月に入ると大きくなる。最大は7月上旬の転換2年目10~20cm層で,260 g ha-1day-1である。作付期間中の脱窒速度は,10年目圃場に比べ,より土壌還元の発達する転換2年目圃場で大きい(図3)。
  5. 作付期間中の脱窒量は,0~10cm,10~20cm層の合計で転換2年目圃場で12.5 kg ha-1,10年目圃場で6.3 kg ha-1と推定される(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 転換畑では土壌還元層の存在により,系外,特に地下水への窒素溶脱を抑えられる可能性がある。
  2. 畑地化が進むと,溶脱が増える可能性がある。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分指定試験
研究期間2000~2000
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat