ため池の多様なトンボ類を守るためには、池の環境だけではなく、池の配置も重要です

ため池の多様なトンボ類を守るためには、池の環境だけではなく、池の配置も重要です

タイトルため池の多様なトンボ類を守るためには、池の環境だけではなく、池の配置も重要です
要約 トンボ類にとってのため池の配置の重要性を、池内の環境、池周辺の土地利用の影響と比較して、評価しました。個々のトンボ種に注目すると、飛翔力のあまり強くない種では、ため池の配置が最も重要であること、さらにトンボ類全体を対象とすると、ため池の配置は、他の影響と等しく重要であることがわかりました。
区分(部会名)農業環境
背景・ねらい
最近の研究では、農業環境の変化にともなって、多くの昆虫種は、好適な生息地を失うだけでなく、生息地ネットワーク構造の劣化により、個体数を維持できなくなっていると示唆されています。本研究では、トンボ類における、ため池の配置の重要性を調べました。

成果の内容・特徴トンボ類は、古くから日本の農村に生息する生物として親しまれ、農村生物多様性を計るための重要な指標生物です。茨城県南部、恋瀬川流域の農業用ため池70地点で観察したトンボ類個体数データ(田中らの2005年調査)を使って、ため池の配置の重要性を定量的に評価しました。 
まず、代表的なトンボ3種について、それぞれの個体数に対する、池内の環境(面積、底堆積物、水質など)、周辺の土地利用(GISバッファ解析により抽出)、池の配置(池間の近接距離行列をもとに定量化)の3つの要因の相対的な影響度を、重回帰分析によって調べました(図1)。飛翔力があまり強くないモノサシトンボとシオカラトンボでは、池の配置の影響が大きいことがわかりました。また、この2種のうち、環境選好性の強いモノサシトンボの方が、池内の環境、周辺の土地利用とも、相対的に大きく影響していました。一方、飛翔力が強いウチワヤンマでは、池の配置の影響はほとんどありませんでした。次に、トンボ類全体に対する影響を評価するため、トンボ類の多様性に対する上記3要因の影響を、多変量解析手法を使って比較したところ、それぞれ同じ程度、重要であることがわかりました(図2)。 
具体的データ
図1
図2
研究担当者David S. Sprague、生態系計測研究領域 岩崎亘典、生物多様性研究領域 山中武彦、田中幸一、農業環境インベントリーセンター 中谷至伸、濱崎健児
発表論文1) 田中ら. 農環研ニュース、76: 5-6 (2007)
2) Yamanaka et al. Oikos 118: 67-76 (2009)
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat