腫瘍壊死因子欠損マウスの作出

腫瘍壊死因子欠損マウスの作出

タイトル腫瘍壊死因子欠損マウスの作出
要約遺伝子ターゲット法を用いTNFα遺伝子欠損マウスの作出を行った。本マウスはTNFαの機能解析や家畜感染症の生体防御機構解明に有効に利用出来る。
区分(部会名)動物衛生
区分(部会名)家畜衛生
専門生体防御
研究対象実験動物
分類研究
背景・ねらい腫瘍壊死因子TNFαは,遊走細胞の一種である活性化したマクロファ
ージから分泌されるサイトカイン(ホルモン様生理活性物質)で,種々
の感染症において感染防御能を示し,また,細菌の内毒素によるエンド
トキシンショックや細菌感染による敗血症にも関与している。免疫系に
おいてもTNFαはリンパ球の増殖・分化の重要な情報伝達物質として
働き,その作用は多岐にわたっている。近年,マウス胚性幹(ES)細
胞を用いた相同組換えによる遺伝子ターゲット法は遺伝子の機能解析を
行ううえで一般的な方法になってきている。そこで個体レベルでのTNFα
の機能解析を行うことを目的として遺伝子ターゲット法によるTNFα
遺伝子欠損マウスの作出を行った。
成果の内容・特徴
  1. TNFα遺伝子の第3及び第4エキソンの一部を削除し,外来遺伝
    子が挿入された指標としてネオマイシン耐性遺伝子(Neo),ランダ
    ムな遺伝子挿入細胞を除くために5’端側にジフテリア毒素A断片遺伝
    子を組み込んだ遺伝子ターゲッティングベクター(Bluescript)
    を構築した。(図1)
  2. ターゲッティングベクターをES細胞に導入し,ES細胞の内在性
    遺伝子との相同組換えにより得られたTNFα遺伝子の欠損したネオマ
    イシン耐性のES細胞のクローンを単離した。
  3. このES細胞クローンをマフ7ス胚盤胞に注入し,体の各組織がE
    S細胞と宿主胚の両方で構成されたキメラマウスを得た。
  4. キメラマウスを互に交配してTNFα欠損へテロ接合体及びホモ接
    合体マウスを得た。
  5. TNFα欠損ホモ接合体マウスは正常マウスにおける致死量のエン
    ドトキシンを投与しても生存することができた。
    (図2)
成果の活用面・留意点TNFα欠損マウスの作出により個体レベルのTNFαの機能解析が可
能になった。家畜の病原微生物に対する感染防御におけるTNFαの役
割を解明し,さらに,このサイトカインによる治療法の可能性が考えら
れた。
研究課題名:欠損変異を導入した遺伝的疾患モデルの作出,MHCクラス
III領域の解析
予算区分 :ハイテク(動物DNA),経常
研究期間 :平成3年度~平成5年度
研究担当者:山本理恵・谷口隆秀・百渓英一.松原悠子・今村憲吉・
後藤さおり・福田勝洋・関川賢二
発表論文等:腫瘍壊死因子(TNFα)欠損マウスの作出とその解析,
第16回日本分子生物学会年会講演要旨p.1281(1993).
具体的データ
(図1)
(図2)
予算区分ハイテク(動物DNA),経常
研究期間1991~1993
研究担当者関川賢二、後藤さおり、今村憲吉、山本理恵、谷口隆秀、百渓英一.松原悠子、福田勝洋
発表論文腫瘍壊死因子(TNFα)欠損マウスの作出とその解析,第16回日本分子生物学会年会講演要旨p.1281(1993).
発行年度1993
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat