処女地(離島)における中流行熱の発生と流行様式の疫学的解明

処女地(離島)における中流行熱の発生と流行様式の疫学的解明

タイトル処女地(離島)における中流行熱の発生と流行様式の疫学的解明
要約1988年9月に鹿児島県種子島で初発した牛流行熱は,2か月半の期間に飼養頭数の13~21%,飼養農家数の40~55%に伝播した。その流行様式は,飼養頭数5頭以下の農家発生数はポアソン分布(平均感染頭数0.811頭)に,10~20頭規模の農家内伝播はReed-Frostモデル(伝播率0.226)によくあてはまった。
区分(部会名)家畜衛生
区分(部会名)動物衛生
専門診断予防
研究対象乳用牛,肉用牛
分類行政
背景・ねらい離島における流行性疾病の発生と流行様式の疫学的解明には,伝染病
の発生予察法とその防疫対策を確立する上で数多くの有益な情報を提
供する。
本研究は,1988年秋(9月末から11月中旬)にかけて鹿児島県
種子島で発生した牛流行熱(Bovine epemeral fever)の発生と流行
様式を記述するとともに,そのデータを理論疫学の立場から解析した。
成果の内容・特徴
  1. 種子島に浸入した牛流行熱の流行には,少数地域での初発から本
    島の中・南部地区全体の発生に至るまで,約2か月を要した
    (図1)。
  2. 中流行熱の初発から終息までの発生頭数の時間的推移は,10月
    下旬にピークをもつ正規分布であった
    (図2)。
  3. 種子島で多数を占める飼養頭数5頭以下の農家における牛流行熱
    の農家発生数は,一定の時間と空間においてまれな事象がランダムに
    生じるいわゆるポアソン分布式によくあてはまった。この流行様式に
    は,ワクチン接種など本病の伝播を抑制する要因が関与してなかった
    ことが示されている(表1)。
  4. 10~20頭を飼養する少数の農家内における本病の伝播は,伝
    染病流行理論式のひとつであるReed-Frostモデルによくあ
    てはまり,そこではすべての飼養牛が感染した
    (表2)。
成果の活用面・留意点牛流行熱は,媒介昆虫(ベクター)のカ,ヌカカによって伝播される
。今回のようにワクチン接種などの防疫対策がとられておらず,しか
もベクターの生存に有利な温暖な気候条件下にある処女地に突然侵入
することで,本病は地域大流行となった。従って,本病発生の恐れの
ある西日本では事前のワクチン接種による予防対策が不可欠である。
研究課題名:アルボウイルスとベクターが関与する牛疾病群の発生
予察法の開発
予算区分 :経常
研究期間 :平成5年度(平成4年~平成8年度)
研究担当者:小河孝
発表論文等:
1.Ogawa,T.and Fujisono,S.;
Theoretical epidemiology on bovine ep-hemeral feverout‐btreaks
in Tanegashima Island,Kagoshima Prefec-ture of Japan 1988.
J.Vet.Med.Sci.54(5):923-929(1992).
具体的データ
(図1)
(図2)
(表1)
(表2)
予算区分経常
研究期間1993~1996
研究担当者小河孝
発表論文1.Ogawa,T.and Fujisono,S.;Theoretical epidemiology on bovine ep-hemeral feverout‐btreaksin Tanegashima Island,Kagoshima Prefec-ture of Japan 1988.J.Vet.Med.Sci.54(5):923-929(1992).
発行年度1993
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat