鶏腎炎ウイルスの遺伝子解析

鶏腎炎ウイルスの遺伝子解析

タイトル鶏腎炎ウイルスの遺伝子解析
タイトル(英)9.Complete Nucleotide Sequence of Avian Nephritis Virus (ANV), a Distinct Member of the Astroviridae
要約   従来ピコルナウイルス科に分類されていた鶏腎炎ウイルス(ANV)の全塩基配列を決定し,ウイルスゲノム解析の結果,ANVはアストロウイルス科に属するウイルスであることを明らかにした。
要約(英)  The complete RNA genome of Avian Nephritis virus (ANV) associated with acute nephritis in chickens has been molecularly cloned and sequenced. Excluding the poly(A) tail, the genome comprises 6,927 nucleotides, and contains three sequential open reading frames (ORFs). The first ORF (ORF 1a) contained a serine protease motif, and the second ORF (ORF 1b) had a RNA-dependent RNA polymerase. The ORF 1a may be linked to the second ORF by a ribosomal frameshifting mechanism. The third ORF (ORF 2) may encode the virion structural proteins as a polyprotein precursor. The amino acid homology of ORF 1a, 1b, and 2 were 20.3%, 41.9% and 25.8% with those of human astrovirus serotype 1 (A/88 Newcastle strain), respectively. These observations suggested that the ANV (G-4260 strain) is a new genus of the family Astroviridae. (Lab. of Viral Pathogenesis, Department of Virology TEL +81-298-38-7760)
担当機関家畜衛生試験場 ウイルス病研究部
連絡先0298(38)7760
区分(部会名)家畜衛生
区分(部会名)動物衛生
専門診断予防
研究対象
分類研究
背景・ねらい
  大規模養鶏場においては,数種類の腸管感染性ウイルスの常在化が知られているが,それらのウイルス学的性状や鶏群への影響については十分明らかにされていない。そこで,鶏の腸管感染性ウイルスの一つである鶏腎炎ウイルス (Avian Nephritis Virus = ANV)遺伝子の全塩基配列の決定と構造解析を行い,ANVの分類学的位置を明らかにする。さらに得られた情報をもとにPCR法等の遺伝子診断法の確立を目指す。
成果の内容・特徴

  1. ANV感染細胞培養液からポリエチレングリコールを用いてウイルスを濃縮後,ショ糖密度勾配超遠心を行い分画採取し,電子顕微鏡によりウイルス粒子を確認した。ウイルス粒子が多数認められた分画をcDNA作製材料として用いた。
  2. ANV(G-4260株)の全塩基配列,6927ベースを決定し, DDBJ/EMBL/GenBank データベースに登録した。〔Accesion No.AB033998〕。
  3. ウイルスのゲノムRNAは,3つの Open Reading Frame (ORF)がオーバーラップして存在しており(図1),ANV感染細胞中にはSubgenomic RNAが存在していた(図2)。この遺伝子構造は1994年に新しく認定されたアストロウイルス科のそれと同様であった(表1)。ANVは,従来はピコルナウイルスと考えられていたが,本研究によりアストロウイルス科のウイルスであることが初めて明らかとなった。
成果の活用面・留意点
      ヒトのアストロウイルスに関しては,現在8つの血清型の存在が知られている。ANVについても2つ以上存在することが判明しており,RNAウイルス特有の遺伝的多様性を考えつつ,RT-PCR法による迅速診断法の開発を進める必要がある。

具体的データ
図1
図2
表1
予算区分経常
研究期間1999~2001
発表論文
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat