家畜の窒素排泄量の推定プログラム

家畜の窒素排泄量の推定プログラム

タイトル家畜の窒素排泄量の推定プログラム
要約家畜排泄物の環境への負荷量の推定や、各種処理施設の規模算定の基礎を得るため、日本飼養標準に基づいて、各畜種ごとの飼養頭羽数、生産水準、飼料の質・量などから、ふん及び尿に排泄される窒素量を推定するためのプログラムを作成した。
担当機関農業研究センター プロジェクト研究第6チーム
連絡先0298-38-8527
区分(部会名)畜産
専門環境保全
研究対象家畜類
分類指導
背景・ねらい家畜排泄物の環境への負荷が大きな問題となっている。この環境への負荷量の大きさや各処理施設の規模を算定するためには、排出される窒素量を正確に把握することが重要である。そこで、日本飼養標準に基づき、家畜の排泄物中に含まれる窒素量を推定するためのプログラムを開発した。
成果の内容・特徴
  1.  窒素排泄量の推定は、日本飼養標準(乳牛1994年版、肉用牛1987年版、豚1993年版、家禽1992年版)に基づいて行った。プログラムはQuick BASIC(Microsoft社製)で作成し、大部分のパーソナルコンピュータで利用できる。
  2.  入力するデータは、各畜種ごとの飼養頭羽数、体重、乳量・増体などの生産水準、飼料給与量(不明の場合は要求量から推定)と品質(可消化養分総量(TDN)、可消化粗蛋白質(DCP)含量、粗蛋白質(CP)含量)である(図1)。
  3.  出力されるデータは、飼料中、ふん中、尿中、乳中(乳牛のみ)、増体中、卵中(採卵鶏のみ)の1日当たり及び1年当たりの窒素量である(図2)。
  4.  本プログラムを用いることで、各畜産農家の給与飼料の質・量、飼養頭羽数、生産水準などから、農家1戸当たりの窒素フロー量を正確に推定することができる(図3)。
  5.  本プログラムを用いて、各畜種の標準的な飼養条件での1日1頭羽当たりのふん及び尿への窒素排泄量(原単位)を計算した(表1)。この値を用いることで、国あるいは都道府県単位などの排泄物中窒素量を簡易に推定することができる。
成果の活用面・留意点飼料の品質や乳量、増体などの生産水準の差を考慮しながら、家畜排泄物の環境への負荷の大きさや、各種処理施設の規模算定の基礎を把握するためなどに活用される。留意点として、正確な推定のためには飼料の品質に関するデータ(TDN、DCP含量、CP含量)を用意する必要がある。
具体的データ
(図1)
(図2)
(図3)
(表1)
予算区分経常・一般別枠(家畜排泄物)
研究期間1994~1999
発表論文1)家畜の窒素排泄量の推定プログラム、畜産の研究、48 (7),p773-776 (1994)
2), p1-2 (1994)
2)酪農における窒素排泄量の推定、日本草地学会誌、40 (別号),p33-34 (1994)
3)家畜の窒素排泄量の推定プログラム、システム農学会誌、10 (別号
発行年度1994
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat