フリーストール牛舎のミシガン型隔柵への牛による荷重

フリーストール牛舎のミシガン型隔柵への牛による荷重

タイトルフリーストール牛舎のミシガン型隔柵への牛による荷重
要約フリーストール牛舎のストールに牛が出入りしたり、起立、横臥する際に牛がストールに設置されているミシガン型隔柵に接触した際の荷重を測定した。上部バーの水平方向の荷重は最大約150kgf(1470N)であった。
担当機関北海道農業試験場 畜産部 家畜管理研究室
連絡先011-857-9307
区分(部会名)畜産
専門飼育管理
研究対象乳用牛
分類研究
背景・ねらいフリーストール牛舎におけるストールの隔柵は、その構造的な特徴から垂直方向には強いが水平方向には弱い弱点を持っており、曲がったり支持部の破損したケースが時々見受けられる。このような事態を防ぐためには、牛によって隔柵へかかる荷重等のデータを蓄積し、牛舎の設計に反映させていく必要がある。そこで牛がストールに出入りしたり、起立、横臥する際にミシガン型隔柵にかかる水平方向の荷重を計測した。
成果の内容・特徴
  1.  フリーストール牛舎のミシガン型隔柵に牛によってかかる荷重とその位置を計測して求めた。センサーとして、ひずみゲージを張り付けた隔柵をフリーストール牛舎に設置し、通常飼養状態で牛に利用させ、50m離れた測定室より、ディジタル動ひずみ計で遠隔測定を行った。供試牛はホルスタイン種初産牛9頭で平均体重は582kgであった。
  2.  隔柵には水平方向で最大150kgfの荷重がかかった。
  3.  上部バーに100kgf以上の大きい荷重がかかる部位は前端より80~100cmの範囲であった。
  4.  横臥している牛が、下部バーに口や顔をこすりつけた際に生じた荷重は小さく3~24kgfであった。
成果の活用面・留意点本研究のデータは牛舎設計時の隔柵強度の資料として参考となる。
本研究のデータは平均体重582kgの牛のデータであり、牛の体重が著しく異なる場合は荷重も違ってくる可能性がある。
(図、表1、表2)
具体的データ
表1
表2
予算区分経常
研究期間1994~1994
発表論文フリーストール牛舎における牛によるミシガン型隔柵への荷重、日畜会報、65 (10), p985-987 (1994)
発行年度1994
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat