改良目標を達成するためのBLUP法における簡便演算法とプログラムの開発

改良目標を達成するためのBLUP法における簡便演算法とプログラムの開発

タイトル改良目標を達成するためのBLUP法における簡便演算法とプログラムの開発
要約育種価の制限付き最良線形不偏予測(制限付きBLUP)を算出するための簡便な演算法を考案するとともに,育種価を算出するコンピュータプログラムを開発した。
担当機関畜産試験場 育種部 計量遺伝育種研究室
連絡先0298(38)8625
区分(部会名)畜産
専門育種
研究対象家畜類
分類普及
背景・ねらい改良したい複数の形質に改良目標値を設定して選抜を行う場合,制限付きBLUP法に基づいた推定育種価による種畜評価が有効である。しかし,制限付きBLUP法により育種価を推定する場合,評価したい形質数や個体数の増加に伴い,方程式のサイズが大きくなるため,演算時間が急激に増
大する。制限付きBLUP法の演算法を改良することができれば,育種価を推定するためのコンピュータの演算時間および記憶容量を大幅に節約できる。
成果の内容・特徴1.
図)。
2.
改良目標を達成するにあたり,最も効率的な選抜指標となる育種価を推定するためのコンピュータプログラムを開発した。育種価を推定するためのコンピュータの演算時間および記憶容量の節約量は形質数に依存するが,方程式の育種価に相当する部分ではおおよそ形質数の二乗分の1となる。
成果の活用面・留意点1.
本結果は,改良目標を達成するための家畜,家禽等の選抜に有効である。特に,本プログラムは,豚および鶏の系統造成においてすでに活用されている。
2.
本プログラムは豚の系統造成用に開発されたため,母数効果の設定条件に若干の制約がある。大規模な開放群の種畜評価にも適応させるためには,より汎用性の高いプログラムにする必要がある。

発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat