ヤギの摂食行動等に対する視床下部腹内核の一酸化窒素の役割

ヤギの摂食行動等に対する視床下部腹内核の一酸化窒素の役割

タイトルヤギの摂食行動等に対する視床下部腹内核の一酸化窒素の役割
要約ギの発情期における摂食行動の低下は,主としてエストロジェンによってもたらされ,その作用を仲介する中枢神経機構として視床下部腹内側核の一酸化窒素が関与していることが示された。
担当機関畜産試験場 生理部 適応生理研究室
連絡先0298(38)8649
区分(部会名)畜産
専門生理
研究対象山羊
分類研究
背景・ねらい視床下部腹内側核は摂食行動,繁殖行動,代謝機能などの調節に深く関連する中枢であると考えられているが,反芻動物の腹内側核の役割についてはほとんど知られていない。そこで本研究ではシバヤギを実験動物として用い,腹内側核の摂食及び繁殖に対する機能を形態学的および生理学的に明らかにしていくことを目的とした。
成果の内容・特徴1.
ヤギでは,発情行動の誘起,および発情期中に見られる摂食行動の低下には,卵巣ホルモンのうちエストロジェンが重要な役割を担っていることが示された(参考文献,1,2,4)。
2.
図1)およびエストロジェン受容体を含む神経細胞が多数存在し,両者の分布はかなり一致していた。従って,中枢神経系におけるエストロジェンの作用部位の一つは腹内側核であり,そこではエストロジェンの作用が一酸化窒素(NO)によって仲介されている可能性が考えられた(参考文献,1,3,5)。
3.
腹内側核のNOSを薬理学的に刺激すると,細胞外液中のcGMP濃度が上昇することから,ヤギの腹内側核には,NO-cGMP系が存在することが示された。
4.
図2),エストロジェンの摂食行動に対する作用は腹内側核のNOによって仲介されていると考えられた(参考文献,3)。
5.
図3に示す機構が存在するものと考察された。
成果の活用面・留意点1.
新奇な神経伝達物質として着目されているNOの生理的機能の一つが明らかとなった。しかし,発情行動に対する関与は今回の実験では確認することができなかった。

具体的データ
図表
図表
図表
予算区分経常
研究期間1995~1998
研究担当者岡村裕昭、山岸規昭、松本和典
発表論文1、繁殖および摂食の調節にかかわる視床下部工ストロジェン受容体,獣医畜産新報,1996,49巻,44-47。
2、Alteration of ingestive behavior and plasma metabolites by estrogen in ovariectomized goats.J.Reprod.Dev,1998,Vol.44,141-148.
3、Nitric oxide in the ventromedial nucleus of the hypothalamus mediates action of estrogen on goat ingestive behavior.J.Reprod.Dev.,1998,Vol.44,149-159.
4、発情雌シバヤギの摂食行動変化に果たすエストロジェンの役割,第89回日本繁殖生物学会,講演要旨,147,1996。
5、雌シバヤギの視床下部内側基底部におけるエストロジェン受容体と一酸化窒素合成酵素の分布,第92回日本畜産学会,講演要旨,134,1997。
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat