小型堆肥化実験装置の開発と利用方法

小型堆肥化実験装置の開発と利用方法

タイトル小型堆肥化実験装置の開発と利用方法
要約少量のサンプルでも堆肥化試験ができる,容積約10Lの小型堆肥化実験装置を製作した。本装置を利用することによって,家畜ふん尿など有機性廃棄物を堆肥化するための混合割合,水分,通気量などの堆肥化条件を簡便に検討することができる。
担当機関畜産試験場 飼養環境部 汚染物質浄化研究室
連絡先0298(38)8677
区分(部会名)畜産
専門環境保全
研究対象家畜類
分類普及
背景・ねらい堆肥化(コンポスト化)は家畜ふん尿の資源化を目的としたもっとも一般的な処理・利用方法である。環境汚染が少ない形で堆肥化処理機能の向上を図り,付加価値の高い高品質の堆肥を生産するためには,家畜ふん尿や副資材など色々な堆肥化材料について,混合割合,水分,通気量などの堆肥化条件を検討する必要がある。また,堆肥化過程における化学成分の変化,悪臭や環境負荷ガスの揮散,微生物の動態などを研究することが重要である。そこで,少量のサンプルでも堆肥化試験ができ,再現性が高く,繰返し実験が容易な小型堆肥化実験装置を開発する。
成果の内容・特徴1.
図1)。
2.
図1),堆肥の水分増加を防ぐことができる。
3.
任意の設定通気量で下部から強制通気することができる。通気量の設定可能範囲は,「堆肥化施設設計マニュアル」(中央畜産会発行)に準じた0~200L/m3・分である。
4.
図2に示す。
5.
図1に示す。
成果の活用面・留意点1.
堆肥化過程における各種成分の収支,悪臭や環境負荷ガスの発生パターン,微生物の消長や添加効果などの検討に利用できる。
2.
堆肥化の初期過程を調べるためには有効だが,後熟過程を調べるためには別の方法を考える必要がある。

具体的データ
図表
図表
予算区分経常
研究期間1998~1998
研究担当者羽賀清典、花島 大、黒田和孝、長田 隆、田中一人(富士平工業(株))、田中康男、北村耕作(富士平工業(株))、柳井政史(富士平工業(株))
発表論文2、Development of the Small-Scale Composter for Composting Experiments ofAnimal Wastes,The Proceedings of the Satellite Symposium of 8th AAAP,p78-81(1996)
3、小型堆肥化実験装置による余剰酵母菌体堆肥化処理条件の検討,1998年度日本土壌肥料学会大会講演要旨集,p203(1998)
特許出願(公開)1、特許出願番号 特願平 08-235967号
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat