黒毛和種、ホルスタイン種及び交雑種(黒毛和種×ホルスタイン種)去勢牛の枝肉組織成長

黒毛和種、ホルスタイン種及び交雑種(黒毛和種×ホルスタイン種)去勢牛の枝肉組織成長

タイトル黒毛和種、ホルスタイン種及び交雑種(黒毛和種×ホルスタイン種)去勢牛の枝肉組織成長
要約相対成長式を用いることで屠殺前体重から枝肉組織重量の推定が可能となる。ロイン及びトモバラは、モモやマエより筋肉の発育が遅れる傾向がある。
担当機関草地試験場 放牧利用部 産肉技術研
連絡先0287-37-7811
区分(部会名)畜産
専門動物栄養
研究対象家畜類
分類研究
背景・ねらい近年、ホルスタイン種に黒毛和種を交配した交雑種の飼養頭数が増加傾向にある。これに伴い交雑種(黒毛和種×ホルスタイン種)去勢牛を用いた各種肥育試験が行われてきたが、交雑種の肥育に関しては未だ不明な点が多く残されており、特に枝肉組織の成長に関する報告は少ない。そこで本研究では、ホルスタイン種、黒毛和種、及び交雑種去勢牛の枝肉解体成績を基に、交雑種の枝肉組織の成長特性を、相対成長式を用い黒毛和種及びホルスタイン種と比較検討することを目的とする。
成果の内容・特徴1.
表1)。
2.
表2)。これは骨重量や脂肪重量においても同様の傾向である。
3.
表3)。この理由は本試験で用いた交雑種は3-10ヶ月齢或いは13ヶ月齢まで放牧育成、或いは粗飼料多給による育成を行ったためであると考えられる。
成果の活用面・留意点1.
相対成長式を用いることで屠殺前体重からの枝肉組織重量の推定が可能となる。
2.
本試験の交雑種は放牧育成或いは粗飼料多給育成をおこなっており、育成期の栄養条件が枝肉組織の成長に影響を及ぼした可能性があり、推定式を用いる際には留意する必要がある。
予算区分経常
研究期間1998~1999
研究担当者山田知哉、青木康浩、中西直人、山崎敏雄
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat