フィールドにおいて豚の改良を効率的に行うための育種システム

フィールドにおいて豚の改良を効率的に行うための育種システム

タイトルフィールドにおいて豚の改良を効率的に行うための育種システム
要約フィールドにおいて複数の育種農場が共同し,能力評価の基準となる種豚の配置,集合検定場の利用,農場間の精液の交流をおこなうシステムを構築した。このシステムでは農場を越えた遺伝能力の比較が可能となり、豚の改良効率が向上する。
担当機関畜産試験場 育種部 計量遺伝育種研究室
連絡先0298-38-8625
区分(部会名)畜産
専門育種
研究対象行政
分類行政
背景・ねらい豚の育種は閉鎖群による系統造成とフィールドにおける種豚改良をその両輪として進められてきた。フィールドの中心である民間ブリーダの種豚は幅広い裾野を持つことと系統造成に基礎豚を供給する母体でもあることから,その遺伝的改良はわが国の豚育種の基盤として位置付けられる。近年,フィールドにおける種豚改良では農場間に種豚の交流が少なく,お互いに独立に改良がおこなわれている。育種の効率化には規模の拡大が必要であるが,農場自体の拡大はコスト面から難しく,複数の育種農場が共同で育種をおこなうことにより規模拡大を満たす必要がある。
そこでフィールドにおいて複数の育種農場が共同して豚の改良を効率的におこなう育種システムを構築する。
成果の内容・特徴1.
表1)。
2.
表2)。
成果の活用面・留意点1.
このシステムによりフィールドにおける種豚の改良効率が向上する。さらに,これまでの県単位の閉鎖群育種においても県域を越え共同でおこなうことにより改良効率が向上する。
2.
生体の種雄豚により交流をおこなう場合は,伝染病などの衛生面に留意する必要がある。
予算区分経常 共同研究 プリマハム(株) 基礎研(交流共同研究)
研究期間2000~2000
研究担当者古川 力、佐々木修、石井和雄
発表論文1.第70回養豚学会シンポジウム発表ほか,4大会にて発表
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat