ブタ骨格筋で発現しているミオシン重鎖アイソフォームの配列比較

ブタ骨格筋で発現しているミオシン重鎖アイソフォームの配列比較

タイトルブタ骨格筋で発現しているミオシン重鎖アイソフォームの配列比較
要約ブタの骨格筋には4種類のミオシン重鎖(MyHC)アイソフォームが存在する。決定したcDNAの塩基配列より推定すると、アクチン結合領域のLoop2および軽鎖(ELC、RLC)結合領域がアイソフォーム間の機能的差異に重要である。
担当機関畜産試験場 加工部 食肉特性研究室
連絡先0298-38-8686
区分(部会名)畜産
専門加工利用
研究対象
背景・ねらい動物の骨格筋は多数の筋線維によって構成され、収縮特性の異なる筋線維が集合することで、用途に応じた個々の筋肉が形成される。筋たんぱく質のレベルで見ると、筋線維の収縮とはATPを消費するアクチンとミオシンの相互作用であり、収縮特性の異なるミオシン重鎖(MyHC)アイソフォームが収縮特性の違いを担っている。我々は、品種の異なるブタのMyHCが同じ筋肉部位でも異なったアイソフォーム構成割合を示し、豚肉の品質に違いを生じる原因の一つとなっていることを明らかとした。しかし、ブタMyHCは約1940残基のアミノ酸から構成される長大なたんぱく質であり、どのアイソフォームについてもアミノ酸配列が決定されていなかったため、どのような構造的相違が収縮活性の相違となって表れるか、明確ではない。
そこで、食肉とされる月齢のブタにおいて発現している全MyHCアイソフォームのcDNAを単離し、塩基配列を決定することで、各アイソフォームのアミノ酸配列の比較を行う。
成果の内容・特徴1.
ランドレース種(5ヶ月齢)からMyHC-slow,-2a,-2x,-2bの4種類のアイソフォームのcDNAを単離し、塩基配列を決定した。
2.
cDNAから推定されたアミノ酸配列の長さは1935(MyHC-slow)、1939(MyHC-2a)、1939(MyHC-2x)、1937(MyHC-2b)であった。
3.
図1)。
4.
図2)。
成果の活用面・留意点1.
ブタMyHCアイソフォームの配列情報が明らかとなったため、発現系等を利用することにより各アイソフォームの収縮特性の詳細な解析が可能である。また、配列情報を基にして、アイソフォーム割合の測定方法を開発することも可能である。
予算区分バイテク(動物ゲノム)
研究期間2000~2000
研究担当者室谷進、千国幸一、中島郁世、田邉亮一
発表論文1.Differences in molecular structure among the porcine myosin heavy chain-2a,-2x,and -2b isoforms. Meat Science,57,311-317(2001)
2.Sus scrofa mRNA for myosin heavy chain 2a, complete cds. In the DDBJ, EMBL and GenBank nucleotide database with the accession number AB025260.(1999)
3.Sus scrofa mRNA for myosin heavy chain 2b, complete cds. In the DDBJ, EMBLand GenBank nucleotide database with the accession number AB025261.(1999)
4.Sus scrofa mRNA for myosin heavy chain 2x,complete cds. In the DDBJ, EMBL and GenBank nucleotide database with the accession number AB025262.(1999)
5.Sus scrofa mRNA for myosin heavy chain slow,complete cds. In the DDBJ,EMBL and GenBank nucleotide database with the accession number AB053226.(2001)
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat