細胞死に関わる葉緑体プロテアーゼ

細胞死に関わる葉緑体プロテアーゼ

タイトル細胞死に関わる葉緑体プロテアーゼ
要約細胞死の過程で発現が減少する遺伝子を単離したところ、葉緑体局在性 ATP 依存症プロテアーゼをコードしていた。組換え体実験からこのプロテアーゼは葉緑体の恒常性維持に必須であり、その量が減少すると細胞死が誘導されることが示された。
担当機関農業生物資源研究所 分子遺伝部 上席研究官
連絡先0298-38-7440
区分(部会名)生物資源
専門バイテク
研究対象植物
分類研究
背景・ねらい 病原体感染による過敏感細胞死は、一種のプログラム細胞死であり、植物の典型的な抵抗性反応である。タバコモザイクウイルス(TMV)に感染したタバコがN遺伝子(TMVに対する抵抗性遺伝子)依存的に細胞死が引き起こされる系を用いて、この細胞死の機構を調べる。
成果の内容・特徴
  1. N遺伝子が28℃以上の高温では機能しないことを利用して、TMV感染後高温におき、ウイルスを充分増殖させておいたタバコ葉を低温に移すことにより同調的に壊死を誘導させることができる。この系で壊死が起こる2-3時間前にその発現が急激に減少する遺伝子をディファレンシャルスクリーニングにより単離した。
  2. この遺伝子は、葉緑体に局在する亜鉛要求性のATPase活性を有するプロテアーゼをコードしていた。特異抗体を作り、この同調的壊死形成系における本プロテアーゼの変動を調べると、壊死の2-3時間前には急激に減少していることが明らかになった。
  3. これに先立ち、すなわち壊死の4-5時間前に、葉緑体の電子伝達速度が減り始めた。
  4. このプロテアーゼをより多く、またはより少なく含んでいる組換え植物を作ってTMV感染による壊死病斑形成に及ぼす影響を調べたところ、前者ではTMV増殖が促進され病斑が拡がり、後者ではTMV増殖が抑制されより小さな病斑ができた。
  5. このプロテアーゼをより少なく含んでいる組換え植物は、強光では生育できないが、より多く含んでいる植物は、正常に生育できた。
  6. これらの結果は、「通常、本プロテアーゼは葉緑体中に十分量存在し、強光下でできた不要タンパク質を分解するなど重要な働きをしているが、TMV感染やN遺伝子の影響でその量が減少すると、葉緑体の恒常性が保たれなくなり細胞死が誘導されるようになる」ことを示している。
成果の活用面・留意点本遺伝子の利用により細胞死を制御できる可能性があるので、特許を出願した(特許公開平11-253164細胞死を調節する方法)。
予算区分経常
研究期間2000~2001
研究担当者遺伝子修飾研)、岩井孝尚(分子遺伝部、光原一朗、大橋祐子(分子遺伝部 上席研究官)
発表論文1)Seo, S., Okamoto, M., Iwai, T., Iwano, M., Fukui, K., Isogai, A., Nakajima, N., Ohashi,Y. Reduced lev-els of chloroplast FtsH Protein in tobacco mosaic virus-infected tobacco leaves accelerate thehypersensitive reaction. Plant Cell 12 :917-932 (2000)
1998.11.13. オーストリア, Patent No. 719467, App. No. 199892338, 1998.11.11
特許出願(公開)2)特許公開 平11-253164,1999.9.21, 大橋祐子, 瀬尾茂美, 細胞死を調節する方法, "Method forregulating cell death" Canada, Appl. No.2,253,946(JHW9575-6)1998.11.12 米国, 09/192,053
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat