注射接種による小麦赤かび病抵抗性検定法

注射接種による小麦赤かび病抵抗性検定法

タイトル注射接種による小麦赤かび病抵抗性検定法
要約開花期の穂に注射接種しスプリンクラーで間断散水することによって、小麦赤かび病抵抗性を高い再現性で検定できる。
キーワード小麦赤かび病、抵抗性検定、標準品種、コムギ
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター 畑作研究部 麦育種研究室
連絡先0155-62-9210 / zenta@affrc.go.jp / zenta@affrc.go.jp
区分(部会名)作物
区分(部会名)北海道農業
分類科学、参考
背景・ねらい小麦赤かび病は、収穫物が毒素によって汚染されるため大きな問題になっている。これまで北海道の秋まき小麦品種について、赤かび病抵抗性が既知の国内品種と同一条件で検定した報告がないため、開花期の早晩の影響が少ない注射接種によって抵抗性レベルを明らかにする。
成果の内容・特徴1.
赤かび病菌の胞子液(1×105個/ml)を開花期の10穂に注射接種し、5分間隔のスプリンクラー散水を昼夜連続で行い、14日後の発病度を0~9の発病指数で評価する。本法により圃場条件でも再現性の高い赤かび病抵抗性検定が可能である(図1、2)。
2.
中国品種の蘇麦3号とその派生系統は、かなり強い抵抗性を示し、蘇麦3号オーストリア系統はその中でも優れている可能性がある(表1)。タクネコムギは、北海道品種の中では最も高い抵抗性を示す(図1)。
3.
国内の地域別小麦品種および系統の赤かび病発病度は,九州育成材料が低く、東北育成材料が中程度で、北海道育成材料は高い(表2)。
成果の活用面・留意点再現性の高い赤かび病抵抗性の評価が可能な注射接種法を赤かび病抵抗性育種に活用する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分ブランドニッポン
研究期間2003~2005
研究担当者伊藤美環子、桑原達雄、高田兼則、坂 智広、西尾善太、竹中重仁、田引 正、入来規雄
発表論文Nishio et al. (2004) Breed. Sci. 54(1): 79-84.
Nishio et al. (2004) Breed. Sci. 54(1): 79-84.
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat