水稲「北海188号」の葉いもち圃場抵抗性に関与する新遺伝子pi35(t)

水稲「北海188号」の葉いもち圃場抵抗性に関与する新遺伝子pi35(t)

タイトル水稲「北海188号」の葉いもち圃場抵抗性に関与する新遺伝子pi35(t)
要約水稲「北海188号」の葉いもち圃場抵抗性には作用力の強い1個の新遺伝子Pi35 (t)が関与している。本遺伝子は第1染色体上のDNAマーカーRM1216近傍(3.5cM)に座乗している。
キーワード水稲、「北海188号」、葉いもち圃場抵抗性、QTL解析、遺伝子Pi35 (t)
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター 病害防除部 糸状菌病害研究室
連絡先029-838-8940 / skoizumi@affrc.go.jp / skoizumi@affrc.go.jp
区分(部会名)関東東海北陸農業
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)作物
分類科学、参考
背景・ねらい水稲系統「北海188号」の強い葉いもち圃場抵抗性は、1個の優性遺伝子により支配されている可能性がある(三上ら, 1990)。しかし、「北海188号」を用いた葉いもち圃場抵抗性の遺伝解析はまだ行われていない。そこで、抵抗性品種の効率的な育成を図るため、「北海188号」の強い葉いもち圃場抵抗性のQTL(Quantitive Trait Loci:量的形質遺伝子座)解析を行い、その数や染色体上の位置を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
水稲系統「北海188号」のいもち病に対する真性抵抗性遺伝子型は+と推定され、本系統は葉いもち圃場抵抗性極強水稲品種「銀河」以上の抵抗性を有する。
2.
葉いもち圃場抵抗性弱のインディカ型水稲品種「Danghang-Shali」と「北海188号」を交配して得られたF3系統の葉いもち圃場抵抗性は「Danghang-Shali」と同程度のものを弱、そうでないものを強とすると、強と弱が3:1に分離する(図1、カイ二乗値 0.017、P値0.95)。
3.
「Danghang-Shali」と「北海188号」のF2集団で連鎖地図を作成し、これとF3系統の葉いもち発病程度をもとにQTL解析したところ、第1と第8染色体上に本圃場抵抗性に関与する2個のQTLが検出される(図2)。
4.
これらのQTLうち、第1染色体上DNAマーカーRM1216近傍(3.5cM)の「北海188号」由来のQTLは作用力が非常に強い(表1、図1)。また、第8染色体上のQTL(RM6999近傍)は作用力が小さく、「Danghang-Shali」に由来する(表1)。これはRM1216近傍のQTLが「北海188号」の強い葉いもち圃場抵抗性に関与していることを示す。
5.
第1染色体上にいもち病圃場抵抗性に関与する作用力の強い遺伝子の報告はない。そこで、この遺伝子を新たにPi35 (t)と命名する。
成果の活用面・留意点1.
DNAマーカーを用いたいもち病抵抗性イネ品種の効率的育成の基礎となる。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分DNAマーカー
研究期間2004~2004
研究担当者小泉信三、ニュエン、ティタン、ツィ、ラ、トァン、ニャ(ベトナム農遺伝研)、善林 薫(東北農研セ)、芦澤武人(東北農研セ)、安田伸子、井上伊織、宮坂 篤
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat