臭気成分を指標とした家畜糞発酵堆肥の迅速な品質判定

臭気成分を指標とした家畜糞発酵堆肥の迅速な品質判定

タイトル臭気成分を指標とした家畜糞発酵堆肥の迅速な品質判定
要約堆肥中に含まれるアンモニア態窒素含量など臭気成分は、堆肥の品質評価の指標となるBODと高い相関関係にあり、堆肥の品質評価の指標として有用な成分である。これらの臭気成分は近赤外分析法により高精度に分析できる。また、臭気識別装置で得られた臭気成分を用いた判別分析により発酵品質の判定ができる。
キーワード豚糞堆肥、発酵品質評価、臭気成分、近赤外分析、環境保全、家畜類
担当機関(独)農業技術研究機構 畜産草地研究所 畜産環境部 排泄物制御研究室
連絡先0298-38-8667
区分(部会名)畜産草地
分類技術、参考
背景・ねらい家畜排泄物には、有機質肥料及び土壌改良資材として重要な資源であるが、その有効利用が図られていない。このことは家畜排泄物を主原料にした堆肥の品質評価基準が明確に示されていないこともその一要因と考えられる。そこで家畜糞から調製される堆肥について、近赤外分析法(NIRS)および臭気識別装置により堆肥の臭気成分を迅速かつ高精度に分析する手法を開発し、これらの成分に基づく品質評価法を確立する。
成果の内容・特徴1.
肉豚糞を原料として調製した堆肥を発酵過程の1週間毎(7週まで)の切り返し時に採取した堆肥15点を供試した。試料から抽出した溶液を用い、アンモニア態窒素量(ケルダール法)、揮発性脂肪酸(ガスクロ)および臭気識別装置(アロマライザー)により臭気成分を分析した。生物化学的酸素要求量(BOD)はクーロメーター法により分析し、アンモニア態窒素量とBODとの関連、NIRSによる堆肥抽出液のアンモニア態窒素量の迅速でしかも簡易な定量および品質判定の可能性を検討した。
2.
アンモニア態窒素とBODとの間に相関係数が-0.930の高い相関が認められた(図1)。
3.
NIRSによる堆肥中のアンモニア態窒素の定量では、化学分析値と近赤外推定値との間に相関係数0.988、回帰推定からの標準誤差0.002の高い精度が認められ(図2)、堆肥中のアンモニア態窒素はNIRSにより定量できる。
4.
臭気識別装置により分析した臭気成分は、アルデヒド系およびアンモニア、アミン、硫黄系で経時的な変化が大きく(図3)、これらの臭気成分を用いた判別分析において、1~4週目と5週目以降を識別でき(図4)、品質評価のための指標として有望であることが示された。
成果の活用面・留意点1.
堆肥分析センター等における発酵品質の簡易評価法として有効である。
2.
堆肥原料および副資材の種類および割合の異なる試料群を収集し、さらなるデータ蓄積が必要である。
3.
抽出液は堆肥試料10gに40mlの水を加えて1時間常温で振とうし、遠心分離(3000rpm, 10分)した後の上澄み液を用いる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分畜産エコ
研究期間2000~2004
研究担当者甘利雅拡、福本泰之、高田良三
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat