生育期間の夜温の違いによるソルガム主稈葉の最終展開葉数と展開速度の変化

生育期間の夜温の違いによるソルガム主稈葉の最終展開葉数と展開速度の変化

タイトル生育期間の夜温の違いによるソルガム主稈葉の最終展開葉数と展開速度の変化
要約ソルガム主稈葉の最終展開葉数は、品種・系統により播種時期によって、高い夜温で顕著な増加が認められ、夜温感応性の強い品種・系統は日長感応性を併せもつ。主稈葉の展開速度も品種・系統によって異なるが、必ずしも高い夜温で促進されない。
キーワード栽培、ソルガム、夜温、出穂特性、展開葉数、展開速度、
担当機関(独)農業技術研究機構 畜産草地研究所 飼料生産管理部 栽培生理研究室
連絡先0287-37-7802
区分(部会名)畜産草地
分類科学、参考
背景・ねらいソルガムは、品種によって播種時期や生育期間中の温度により出穂時期が変動し、出穂期を予め特定するのが難しい作物の一つである。ソルガムの出穂までの期間を決定する構成要素を大きく2つに分けた場合、主稈葉の最終展開葉数と展開速度に分けられることから、生育期間の夜温によってこれら2つの要素がどのように変化するかを明らかにする。
成果の内容・特徴1.
生育期間の日長の変化が少なく、昼間の期間が長くなる5月に播種し、昼温を一定にして夜温を変えてソルガムを生育させた場合、FS403やナツイブキ等では夜温が高いほど最終展開葉数は増加する。一方、スズホや3048B等では、夜温の違いによる最終展開葉数の変化は小さい(図1)。
2.
5月播種に比べて生育期間の日長が短かくなる8月に播種し、5月播種と同じ温度条件でソルガムを生育させた場合、FS403やナツイブキ等では最終展開葉数は5月播種に比べて減少し、5月播種で認められた高い夜温での最終展開葉数の顕著な増加は見られない。一方、スズホや3048B等の最終展開葉数には、5月播種との違いは認められない(図2)
3.
このことから、ソルガムの最終展開葉数について、夜温感応性の強い品種・系統は日長感応性を併せもつことが認められる。
4.
もう一つの構成要素である主稈葉の展開速度も、品種・系統によって夜温の影響の現れ方が異なるが、夜温の違いによる大きな変化は認められず、主稈葉の展開速度は高い夜温で必ずしも促進されない(図3)。また、最終展開葉数で見られたような、5月播種と8月播種の間での大きな違いは認められない。
成果の活用面・留意点1.
ソルガムの出穂について、生育時期を特定した場合に生育期間の夜温や主稈葉の展開葉数データを蓄積して解析することにより、変動を予測するための技術開発が期待される。
2.
夜温感応のために必要な時間や感応部位については未解明の部分が多く、さらに知見の蓄積が必要である。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分交付金
研究期間1997~2001
研究担当者吉村義則、黒川俊二、東北農研セ)
発表論文(1)魚住ら(2001)日草誌47(2):139-144
(2)魚住ら(2001)日草誌47(2):145-150
(3)魚住ら(2001)日草誌47(5):484-490
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat