乳牛の群飼養管理における窒素、リン、カリウムの循環実態

乳牛の群飼養管理における窒素、リン、カリウムの循環実態

タイトル乳牛の群飼養管理における窒素、リン、カリウムの循環実態
要約 TDN自給率32%、日乳量29kgレベルの乳牛群(搾乳牛26頭、乾乳牛7頭)では1年間に摂取したN-P-Kの24-21-11%が生乳中に配分され、51-62-69%が糞尿中に排泄される。また、排泄された糞尿由来のN-P-Kの内、63-63-67%が圃場に還元され、糞尿由来Nは畑に施用するまでに約17%が揮散する。
キーワード群飼養管理、自給飼料、畜産環境、乳牛、物質循環、糞尿
担当機関(独)農業技術研究機構 畜産草地研究所 家畜生産管理部 資源循環研究チーム
連絡先0287-37-7004 / mikio@affrc.go.jp / mikio@affrc.go.jp
区分(部会名)畜産草地
分類科学、参考
背景・ねらい
家畜の飼養頭数の増大につれてフリーストール・ミルキングパーラ方式が普及する中で、飼料作面積の不足や不適切な糞尿処理による悪臭の発生や環境汚染などの問題が顕在化している。そのため、ふん尿の堆肥化施設とスラリー処理施設が併設されているフリーストール牛舎内と専用圃場に至るまでの物質収支を測定し、乳牛の群飼養管理におけるN-P-Kの循環量の実態を明らかにする。
成果の内容・特徴
1.
群飼養していた搾乳牛(平均体重627kg、採食乾物量25kg、日乳量31.5kg)では摂取したN-P-Kの26-22-15%が生乳に配分され、48-53-67%が糞尿として排泄される。乾乳牛(平均体重673kg)では摂取したN-P-Kの71-86-81%が糞尿として排泄される(表1)。
2.
搾乳牛1頭が1日に排出する生糞尿量は約62kgであり、N 280g、P 66g、K 242gがそれぞれ排泄され、乾乳牛では1頭が1日に排出する生糞尿量は約39kg、N
125g、P 34g、K 156gが排泄される(表1)。
3.
3年間を渡って測定した結果、 33頭の乳牛群(搾乳牛26頭、乾乳牛7頭、TDN自給率32%、搾乳牛日乳量29kg)が1年間に摂取したN-P-Kのうち、生乳に24-21-11%、糞尿に51-62-69%が配分される。排泄された糞尿由来のN-P-Kの63-63-67%が圃場に還元され、1haあたり糞尿由来Nは155kgである
(図2)。
4.
堆肥化処理およびスラリー処理の2系統でふん尿処理を行なっている当施設では、牛舎内で排泄されたNは畑に施用するまで約17%が揮散する。
成果の活用面・留意点
1.
乳牛の群飼養管理における物質循環量の基礎的知見として活用できる。
2.
本成果は堆肥の一部が敷き料として利用されている条件での循環量である。
具体的データ
図表
図表
予算区分交付金
研究期間2001~2003
研究担当者加茂幹男、張 建国、青木康浩、河本英憲
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat