高水分材料のフレール型ロールベーラ収穫時におけるサイレージ品質改善

高水分材料のフレール型ロールベーラ収穫時におけるサイレージ品質改善

タイトル高水分材料のフレール型ロールベーラ収穫時におけるサイレージ品質改善
要約 出穂期の飼料イネやギニアグラスのような高水分材料をフレール型ロールベーラでダイレクト収穫時に乳酸菌・酵素製剤を添加すると、サイレージのpHの低下、乳酸含量の増加が認められ、発酵品質が改善される。
キーワードフレール型ロールベーラ、サイレージ、高水分、乳酸菌、飼料イネ、飼料利用
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター 畜産飼料作研究部 飼料生産研究室
連絡先096-242-7756
区分(部会名)畜産草地
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい
 水田転作の飼料作物として飼料イネの利用が注目されている。水田に対応でき、他の飼料作物にも対応可能な自走式フレール型刈り取りロールベーラは貯蔵性の高いサイレージ調製が可能であるが、若刈りなどで高水分の場合は調製条件が劣り、不良発酵が起きやすい。そこで、出穂期の高水分材料をフレール型ロールベーラでダイレクト収穫し、乳酸菌等の添加による発酵品質改善効果を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
出穂期の飼料イネは乾物率が27.5%(水分72.5%)、出穂始期のギニアグラスは乾物率が19.5%(水分80.5%)とロールベールサイレージとしては高水分の材料である(表1)。
2.
このような材料をフレール型ロールベーラでダイレクト収穫すると、乳酸菌・酵素製剤の添加により、サイレージのpHは対照区より低下する傾向を示す(図1)。
3.
サイレージ中の乳酸含量は乳酸菌・酵素製剤の添加により、対照区より高まる傾向を示す(図2)。
4.
発酵品質を表すV-SCOREは乳酸菌・酵素製剤の添加により、ギニアグラスサイレージの畜草1号+酵素を除き、対照区の「不良」から「可」以上に改善される(図3)。
成果の活用面・留意点1.
高水分の材料草をフレール型ロールベーラでサイレージ調製する際の品質改善技術の参考となる。
2.
酵素剤添加の必要性は単少糖含量の多寡により判断する。
具体的データ
表1
図1
図2
図3
予算区分交付金
研究期間2000~2003
研究担当者服部育男、佐藤健次、小林良次、只野克紀(スター農機)、黒宮伸夫(ヤンマー農機)、小原信孝(スター農機)、和田俊郎(ヤンマー農機)、上島磯喜(ヤンマー農機熊本)、大川鐘一(スター農機)
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat