「畜草1号」を添加した稲わらサイレージの品質改善効果

「畜草1号」を添加した稲わらサイレージの品質改善効果

タイトル「畜草1号」を添加した稲わらサイレージの品質改善効果
要約乳酸菌「畜草1号」製剤を添加した稲わらロールベールサイレージでは、発酵品質が向上し、カビ発生による損失率も減少する。またメン羊への給与により、サイレージの嗜好性が向上し、腸内菌叢が改善される。
キーワード乳酸菌、稲わら、サイレージ、腸内菌叢、飼料利用
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 畜産草地研究所 家畜生産管理部 飼料調製研究室
連絡先0287-37-7804
区分(部会名)畜産草地
分類技術、参考
背景・ねらい国産稲わらの生産量は十分にありながら、収集が困難であること、効率の高い飼料調製・利用技術の開発が不十分であること等により、年間排出量約900万トンのうち、70%以上がすき込み・焼却処理されている。このことから、稲わらを有効に利用することは、飼料自給率の向上、耕畜の連携、環境の保全や資源循環型畜産の推進にも極めて有用な技術であると考えられる。
本研究では、乳酸菌「畜草1号」製剤を活用した稲わらロールベールサイレージの調製およびメン羊への給与による腸内菌叢の改善効果について検討する。
成果の内容・特徴1.
「畜草1号」を添加した稲わら(品種:コシヒカリ)ロールベールサイレージでは無添加サイレージに比べ、乳酸菌が多く生存しその発酵品質は良好である(表1)。
2.
カビ発生によるサイレージの廃棄量は「畜草1号」添加により大幅に抑えられる(図1)。
3.
メン羊によるサイレージの採食量は「畜草1号」添加サイレージが乾燥稲わらおよび無添加サイレージより顕著に向上する(図2)。
4.
稲わら、無添加サイレージおよび「畜草1号」添加サイレージをメン羊に給与して、ルーメンとフン中に生息している菌叢を調査した結果、「畜草1号」添加区では、乳酸菌と酵母の菌数が増加し、大腸菌群とブドウ球菌数などの不良微生物が減少しており、腸内菌叢の改善効果が認められる(図3)。
成果の活用面・留意点1.
国産生稲わらを有効に利用するため、高品質稲わらサイレージの調製に役立つ。
2.
稲わらサイレージの発酵品質を確保するため、殻実を収穫した稲わらは水分が50%以下予乾しすぎないように留意する。


具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分交付金
研究期間2003~2005
研究担当者吉田宣夫、徐 春城、日野直子、蔡 義民
発表論文1) 蔡ら(2003)日本草地学会誌 49(5):477-485.
2) 蔡(2004)畜産の研究 58(9):957-966.
3) 蔡 (2004) 関東畜産学会報 45(1):69-74.
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat