遺伝子組換えトウモロコシ連作後の飼料作栽培における生物相への影響モニタリング

遺伝子組換えトウモロコシ連作後の飼料作栽培における生物相への影響モニタリング

タイトル遺伝子組換えトウモロコシ連作後の飼料作栽培における生物相への影響モニタリング
要約 トウモロコシの除草剤グリホサート耐性遺伝子組換え品種と非組換え品種を一般圃場に4年間連作した後、冬作に非組換え体イタリアンライグラス、夏作に非組換え体トウモロコシを栽培しても、後作の生育や圃場の生物相に組換え体に起因する影響は認められない。
キーワード遺伝子組換え体、除草剤耐性、連作、モニタリング、トウモロコシ、飼料作物育種
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 畜産草地研究所 飼料作物開発部 ヘテロシス研究室
連絡先0287-37-7551 / kika@affrc.go.jp / kika@affrc.go.jp
区分(部会名)畜産草地
分類科学、参考
背景・ねらい 我が国では、組換え作物の安全性について、遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(カルタヘナ法)に基づき隔離圃場で栽培・評価し、その安全性を確認している。しかし、市民参加のコンセンサス会議などからは、組換え作物の長期栽培が農業生態系に及ぼす影響について、さらなる調査が求められている。
 そこで、隔離圃場栽培にて安全性確認済みのトウモロコシ除草剤耐性組換え品種を連作した後の一般圃場において、冬作イタリアンライグラス(非組換え体)、夏作トウモロコシ(非組換え体)栽培をした際の、圃場内に生育・生息する植物、昆虫、土壌微生物等の生物相の動態を明らかにする事を目的とする。
 なお、国内では実規模で組換え体を連作した圃場において、組換え体が後作物へ影響を及ぼすのかについての知見が無いため、併せてその影響についても明らかにする。
成果の内容・特徴1.
雑草の植被率、土壌微生物数、昆虫及びクモの個体総数調査は黄川田ら1)の方法により行った。雑草植被率の1調査地点の面積は、1m×1mとした。昆虫及びクモの個体総数は各区30株について調査した(図1)。
2.
雑草の植被率推移は、除草剤グリホサート耐性トウモロコシ品種を慣行除草剤処理で4年間栽培した試験区(GM区)と、非組換えトウモロコシ品種の慣行除草剤試験区(非GM区)の間では差が認められない(図2)。
3.
昆虫類とクモ類の発生消長は、GM区と非GM区の間で差はなく、同様の発生消長である(図3)。
4.
土壌微生物数は、 GM区と非GM区の間で有意な差は認められない(表1)。
5.
イタリアンライグラスと、トウモロコシの生育と収量は、GM区と、非GM区の間では差が認められない。
1) 黄川田・大同・吉村・黒川・斉藤・安藤・神田(2005) 農林水産技術会議研究成果 428:141-148
成果の活用面・留意点1.
前作栽培の組換え体と非組換え体は、組換え遺伝子の有無のみが異なる品種である。
2.
実際の栽培体系では、組換え体にはグリホサート処理をするので、後作栽培には除草剤による影響がある。
3.
特定の組換え遺伝子、品種、作物、地域、気象での結果であるため、他の条件での影響については今後の検討が必要である。
4.
国内の一般圃場で組換え体トウモロコシ品種を連作した後の、非組換え体栽培に対する環境影響の基礎データとして活用する。
具体的データ
図1
図2
図3
表1
予算区分安全性確保
研究期間2001~2005
研究担当者黄川田智洋、神田健一、黒川俊二、森田聡一郎、安藤象太郎、伊東栄作
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat