ライグラスピシウム病など寒地型牧草に新たに発生した病害2種

ライグラスピシウム病など寒地型牧草に新たに発生した病害2種

タイトルライグラスピシウム病など寒地型牧草に新たに発生した病害2種
要約主要寒地型イネ科牧草に発生する新たな病害として、ライグラスピシウム病およびオーチャードグラス夏斑点病の2種を認め、病原糸状菌を同定した。いずれの病原菌も生育適温は25℃で、30℃でも良好に生育する。
キーワード糸状菌病、寒地型イネ科牧草、ライグラス、オーチャードグラス
担当機関飼料作環境研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 畜産温暖化研究チーム
区分(部会名)畜産草地
分類研究、参考
背景・ねらいC3型イネ科植物であるライグラスおよびオーチャードグラスは主要牧草として広く利用されるが、気候温暖化に伴い、発生する病害の種類が増加している。しかし、これらの中には診断・同定が行われていない病害もある。 そこで、牧草用ライグラスおよびオーチャードグラスで新たに発生した未特定病害を診断し、病原菌を同定して新たな病害としての位置付けを行う。
成果の内容・特徴
  1. ライグラスピシウム病(病原追加、図1) 2006年11月に栃木県那須塩原市のイタリアンライグラス圃場で発生を確認した。本病は個体植え株が高頻度で欠株となる症状を示す。罹病植物は地上部が黄化萎凋、枯死し、地際の褐変および根の黒変が認められる。病原菌の造卵器などの形態および分子系統から、病原菌をPythium spinosum、P. sylvaticumおよびP. vanterpooliiの3種と同定した。培地上での生育適温は、いずれの菌種も25℃であるが、30℃でも良好に生育する。本病はライグラス芝地ですでに報告のあるピシウム病と診断されたが、ライグラス牧草地では初めての発生で、病原菌はいずれもライグラスでは初報告である。イタリアンライグラス品種タチマサリおよびワセユタカは本病に対し罹病性を示す。
  2. オーチャードグラス夏斑点病(新病害、英名Summer leaf spot、図2) 2003年8月に北海道訓子府町および2006年6月に栃木県那須塩原市で発生を確認した。病徴は葉身および葉鞘に淡褐色~褐色、楕円形~紡錘形、大きさ2-10×1-3mmの斑点を形成し、後に病斑は融合して葉枯となる。病原菌は生育適温25℃、上限は35℃で、形態および分子系統からBipolaris sorokinianaと同定した。本病はオーチャードグラスでは未報告のため、オーチャードグラス夏斑点病(新称)とした。本病菌はライグラス夏斑点病菌、コムギ斑点病菌などと同種であり、オーチャードグラスの他、イタリアンライグラス、ブルーグラス、トールフェスクなどに強い病原性を示すが、エンバクおよびチモシーに対する病原性は低い(表1)。
  3. 上記2病害は新病害あるいは病原追加として日本植物病理学会に登録した。病徴および病原菌写真は飼料作物病害図鑑(http://nilgs.naro.affrc.go.jp/db/diseases/dtitle.html)で公開している。
成果の活用面・留意点
  1. 新たな病害に関する知見は、今後の病害生態研究、抵抗性育種等の基礎となる。
  2. いずれの病害も生育適温が高く、激発すれば被害は大きいため、今後の気候温暖化による発生拡大が懸念される。
具体的データ
図1.ライグラスピシウム病
図2.オーチャードグラス夏斑点病
表1
予算区分交付金プロ(気候温暖化)
研究期間2003~2007
研究担当者月星隆雄、岡部郁子、菅原幸哉 
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat