萎ちょう細菌病抵抗性の‘カーネーション中間母本農1号’

萎ちょう細菌病抵抗性の‘カーネーション中間母本農1号’

タイトル萎ちょう細菌病抵抗性の‘カーネーション中間母本農1号’
要約 カーネーションの重要病害である萎ちょう細菌病に対し、強度な抵抗性を有する‘カーネーション中間母本農1号’を育成した。
キーワード萎ちょう細菌病、カーネーション中間母本農1号野菜・茶業試験場 花き部 育種研究室
担当機関野菜・茶業試験場 花き部 育種研究室
連絡先059-268-4662
区分(部会名)野菜・茶業
専門育種
研究対象花き類
分類普及
背景・ねらい 萎ちょう細菌病は、夏の高温期に立ち枯れを多発させる土壌伝染性病害であり、我が国でのカーネーション栽培上最も重要な病害であるが、抵抗性品種はほとんど存在しない。そこで、萎ちょう細菌病抵抗性系統を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 平成元~3年に、抵抗性の品種間並びに種間差異を調査した。検定試験の結果、供試した栽培品種273品種のほとんどはり病性を示したが、野生種では供試83種及び系統の中に有望な抵抗性素材が見いだされた。そのうち、Dianthus capitatus andrzejowskianus(以下 D. capitatusと略す)は、最も萎ちょう細菌病抵抗性が高い野生種の1つであった(表1)。
  2. 平成2年に、D. capitatusの強度な抵抗性をカーネーションに導入する目的で、スプレー系品種‘スーパーゴールド’(D. caryophyllus)との間で種間交雑を行った。両者の交雑親和性は低かったが、種間雑種を得ることができ、得られたF実生の中で、検定に用いた2菌株に対し発病率が0%であった系統‘91B04-2’を選抜し、‘カーネーション中間母本農1号’と命名した。
  3. 本系統は、平成5年の再試験でも発病率11%と強い抵抗性を示したので(表1)、カーネーションとの交配を行い、抵抗性の遺伝性及び一般形質を調査した。本系統とり病性カーネーションとの間の交雑132系統のうち、16系統(12.1%)が極強もしくは強抵抗性を示し、本系統が有する強度な抵抗性は後代へ遺伝することが確認された(表2)。
  4. 本系統の草姿・形態や花色に関しては、花径が4.3cmと小さく、硬い花茎が伸長して、頂端に小花が密生するなど、野生種の性質を残している(表3)。
成果の活用面・留意点
     カーネーション萎ちょう細菌病抵抗性育種素材として、カーネーション及びダイアンサスの育種に利用できる。
具体的データ
(表1)
(表2)
(表3)
予算区分経常
研究期間1996~1998
研究担当者山口 隆、小野崎 隆、池田 広、天野正之、姫野正己
発表論文Introduction of bacterial wilt (Pseudomonas caryophylli) resistance in dianthus wild species to carnation. Acta Horticulturae, (in press, 1997).カーネーションの萎ちょう細菌病抵抗性育種に関する研究(第7報)抵抗性中間母本‘カーネーション安濃1号’の育成経過及び特性. 園学雑,65(別2), 500-501,1996.
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat