通気や液温制御が不要な保水シート耕方式の養液栽培装置(指導)

通気や液温制御が不要な保水シート耕方式の養液栽培装置(指導)

タイトル通気や液温制御が不要な保水シート耕方式の養液栽培装置(指導)
要約不織布を培養液保持材として用い、作物の水消費量に応じた給液管理ができる簡易な養液栽培装置(保水シート耕)を開発した。本方式では、根系の一部が空気中に露出しているため、通気が不要である。また、液温制御をしなくとも作物が周年的に安定生育する。
キーワード 不織布、培養液保持材、給液管理、養液栽培装置、保水シート耕、通気が不要野菜・茶業試験場 施設生産部 栽培システム研究室
担当機関野菜・茶業試験場 施設生産部 栽培システム研究室
連絡先0569-72-1490
区分(部会名)野菜・茶業
専門栽培
研究対象野菜・花き
分類指導
背景・ねらい 土壌病害の回避や管理作業の省力化が可能な養液栽培は、今後の施設園芸の中心的技術になると
期待されている。しかし、設置コストの高さや培養液管理の難しさ等の問題から、導入を躊躇している
農家も多い。そこで、装置が簡便・低コストで自作もでき、培養液管理が容易で、作物が周年的に安定
生育する養液栽培方式を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 装置の基本構造を図1に示す。栽培ベッド中央部に高さ約5cm台を置き、その上に底面全体を
    覆うように厚さ2mmのポリエステル製不織布(商品名:ジャムガード、東洋紡(株))を敷く。
    不織布の上には根の侵入を防ぐため、遮根シートを重ねる。栽培終了後はシート類を根からはがし、
    洗浄して再使用する。
  2. チューブかん水による栽培ベッドへの給液は、液貯留部に設置した水位センサーの指示値に
    基づいて行われる。そのため、作物の水消費量に応じた給液管理が自動的に行われ、不織布の水分
    状態を常に一定に維持することができる。
  3. 作物の根は湿った不織布上に発達し、根系先端部は液貯留部に到達する(図1)。
    株元周辺の根は空気中に露出し、その部分で酸素吸収が行われるため、培養液への通気がなくとも
    作物は順調に生育する。
  4. 本方式は、培地資材の毛管吸引力を利用した「毛管水耕」の一種であるが、給液安定化のための
    チューブかん水や液貯留部の比重が大きい点からは、不織布を培養液保持材とした固形培地耕の一種と
    みなすことができる。そこで、以後この養液栽培方式を「保水シート耕」と呼称する。
  5. この方式で、数作にわたってキクと一段トマトの栽培試験を行った。培養液の液温制御は一切
    行わなかったが、最高気温が40℃近くなる夏期においても、保水シート耕のキクは土耕栽培と同等な
    生育を示す(図2、表1)。一段トマトの場合も、夏期高温期に収量・品質が若干低下するものの、
    周年的な栽培が可能である(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 盛夏期の一段トマト栽培では裂果が高頻度で発生するため、果実への水流入を抑制する何らかの対策が必要である。
  2. 蒸散が盛んで吸水が活発な場合は、水とイオンの吸収バランスが崩れて貯留液のEC値が高まり、高塩類ストレスがかかることがあるため注意を要する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分1)3)経常、2)国県共同
研究期間1996~1998
研究担当者渡邉慎一、岡野邦夫、坂本有加、中島武彦
発表論文1)異なる養液栽培システムにおけるキクの生長および切り花品質、生物環境調節、36巻2号、1998
2)Reuse of drainage water for the productionof high quality fruits in single-trusstomato grown in a closed hydroponic system.25th International HorticulturalCongress , Brussels, 1998
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat