熱画像による茶園と茶樹の診断(研究)

熱画像による茶園と茶樹の診断(研究)

タイトル熱画像による茶園と茶樹の診断(研究)
要約熱画像測定装置で日中に茶園の表面温度分布を測定すると、衰弱した茶樹は表面温度が高い特徴があり、正常な茶樹と判別できる。茶園熱画像から、干ばつ被害、土壌条件の不良、不適切な栽培管理、茶園の微気象的な立地などを検出できる。
キーワード熱画像測定装置、茶園、温度分布、干ばつ、茶園の微気象野菜・茶業試験場 茶栽培部 生理遺伝研究室
担当機関野菜・茶業試験場 茶栽培部 生理遺伝研究室
連絡先0547ー45ー4480
区分(部会名)野菜・茶業
専門栽培
研究対象
分類研究
背景・ねらい高温・干ばつなどの異常気象や過剰な施肥をはじめとする不適切な茶園管理で衰弱して、蒸散機能が低下した茶樹や茶園を隔測的に検出する目的で、熱画像測定装置の適用性について、静岡県牧ノ原周辺の茶園で検討する。また、降霜時の微気象への応用も調べる。
成果の内容・特徴
  1. 茶園の干ばつ被害甚大部分(1994・95年に発生)は、干ばつ終息後3年目(1998)の秋には、熱画像からみて周囲と差が認められなくなる(図1、1997年の状態)。
  2. 地下水位が高く湿害を受けていると推定される茶園では、障害の著しい部位で茶園表面温度が高く、秋芽の伸長も温度が高かった部位でより遅れる(図2)。
  3. 事前調査なしで斜面茶園地帯の熱画像を測定し、異常な表面温度が検出された茶園を調査したところ、基盤礫層が表層に出現する不良茶園であった。このことから、熱画像情報は不良茶園の隔測的な識別に有効であることが確認される(図3)。
  4. 熱画像測定装置の降霜時茶園温度測定への適用性を検討し、防霜ファンの効果評価や、局所的な温度分布などの茶園微気象観測に大きな効果を有することを確めた(図4)。
成果の活用面・留意点
  1. 熱画像情報の機種依存性:機種によって得られる熱画像の温度検出精度・解像度に大差がある。また、機器の操作性や安定性・耐久性、データ処理機能にかなり機種間格差があり、実際の使用環境で試験的に運用して必要なデータが得られる装置を選定することが肝要である。液体窒素冷却型の方が、機動性に優れる場合がある。
  2. 画像取得上の注意点:広い範囲の茶園の画像を撮るためには撮影範囲に応じた眺望の利く場所が必要であるため、どの茶園でも熱画像が得られるわけではない。また、撮影は天候条件に左右され、夏期では10~20分以上の晴れ間が必要である。また、茶畝の方位や傾斜角度、雲の通過などで偽像が発生する場合があるので注意を必要とする。
  3. 障害発生要因の確定調査:熱画像の変化をもたらす障害の発生原因を熱画像データだけから特定するのは困難で、障害原因の特定のためには、別途調査が不可欠である。
具体的データ
図表
発表論文熱画像による茶樹の活力評価の可能性について日本農業気象学会1998年度全国大会講演要旨集、1998 南北うね茶園において茶株面の東側が凍霜害を受けやすい原因日本農業気象学会1998年度全国大会講演要旨集、1998
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat