10.棚田景観の評価の構造と関係する物理指標

10.棚田景観の評価の構造と関係する物理指標

タイトル10.棚田景観の評価の構造と関係する物理指標
要約 写真画像を用いた棚田景観の感性評価試験を行った結果、棚田景観の評価は「統一感」「自然性」「複雑さ」の因子によって説明される。また、因子と関係する物理指標として、全可視田の一筆面積の変動係数、畦畔延長-画像周長比がある。
区分(部会名)農業工学
背景・ねらい 水田が有する環境保全機能の一つとして、景観保全上の機能が広く認識されつつある。特に棚田が有する景観保全機能は、棚田百選の選定にみられるように、高く評価されている。しかしながら、棚田の立地する山間地域の農村景観については、地形や景観構成要素の複雑さから、景観に対する評価構造を明確にすることは困難であった。そこで、棚田景観の評価構造を明らかにするとともに、関係する物理指標の解明を行う。
成果の内容・特徴
  1.  異なる視点場から撮影した棚田の写真画像を用いて、SD法による棚田景観の感性評価試験(被験者:成人男女51名)を実施した。結果、棚田景観の評価に関係する因子が第3因子まで抽出された(表1)。各評価項目との関係から、第1因子は「統一感」、第2因子は「自然性」、第3因子は「複雑さ」を示す評価因子と考えられる。
  2.  好ましい棚田景観を表す選好率と「統一感」との間には正の相関がある(相関係数:0.825,1%水準で有意)(表2)。既往研究では、好ましい水田景観の評価要因として、「広がり感」と「自然性」が指摘されているが、棚田景観においては「統一感」が好ましい景観の評価に結びついている。
  3.  棚田景観の写真画像を、田面,畦畔などの構成要素(5項目)ごとに塗り分け、画像内に占める画素数を計測することにより、物理指標値を算出した(図1)。
  4.  各景観の因子得点を従属変数に、物理指標値を独立変数に回帰分析を行った結果、いくつかの物理指標値と評価因子の間に関係がみられた。「統一感」は、全可視田の一筆面積の変動係数と関係がある(図2)。「複雑さ」は、全可視田の畦畔延長-画像周長比(各筆の畦畔及び法面との境界延長を画像周囲の長さで除した値)と関係がある(図3)

成果の活用面・留意点
 本研究での知見を活用することにより、棚田においても、人の景観評価、評価と関連する物理指標を踏まえた保全・整備のあり方を検討していくことが可能となる。




具体的データ
図表
図表
図表
図表
図表
予算区分交付金研究
研究期間2001~2003
研究担当者栗田英治、松森堅治、上村健一郎 、木村吉寿
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat