外部不経済の被害者への補償の効率性

外部不経済の被害者への補償の効率性

タイトル外部不経済の被害者への補償の効率性
要約環境破壊等による外部不経済の被害者への補償は、パレート非効率な資源配分をもたらす等の理由により行うべきではないと、一部の環境経済学者は主張している。本研究はそれに対して反論し、被害者への補償の有効性を確認した。
担当機関農業総合研究所 海外部 国際関係研究室
連絡先03-3910-3946
区分(部会名)農林水産政策
区分(部会名)農業経済
専門経済構造
分類研究
背景・ねらい環境汚染の被害者への補償はパレート非効率な資源配分をもたらす等の理由により、行う
べきではないとする見解が環境経済学者とくにボーモルとオーツらにより主張され、学界
における一般的な理解となっていると思われる。すなわち彼らの主張は以下の2点に要約
できる。1)被害者の活動水準に依存する補償は、全ての経済主体に対して同一の補償率を
適用しない限り、パレート非効率な資源配分をもたらすので行うべきではない。2)被害者
の活動水準に依存しない補償は、与件のわずかな変化により即座にパレート非効率なもの
になってしまうので行うべきではない。
しかし、本研究の分析により彼らの主張には問題があることがわかったので、再検討する
とともに、被害者への補償の有効性を検討した。
具体的データ
(表1)
(表2)
(表3)
予算区分経常
研究期間1996~2001
発表論文外部不経済の被害者への補償の効率性、農総研季報、No.31,1996
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat