1997年のロシア農業−天候に左右される穀物生産−

1997年のロシア農業−天候に左右される穀物生産−

タイトル1997年のロシア農業−天候に左右される穀物生産−
要約 ロシアの農業生産は,依然として気象条件に大きく左右され,不安定な状態にある。このため,ロシアは,国際農産物市場における大きな不確定要因となっており,今後の動向に今まで以上に注意を払う必要がある。
担当機関農業総合研究所 海外部 ヨーロッパ研究室
連絡先03-3910-3946
区分(部会名)農林水産政策
区分(部会名)農業経済
専門経済政策
分類行政
背景・ねらいロシアは,依然として国際農産物市場に大きな影響力を保持しおり,ロシア農業およびそ
の農業政策の動向には十分な注意を払う必要がある。
成果の内容・特徴
  1. 1997年のロシアのGDPは,0.4%という小幅ながら経済改革開始から初めて前年を上回った
    。また,農業生産額も前年比で0.1%の増加を記録した(図1)。だが,投資の減少,賃金の未払いが拡大しており,経済の今後の状況につ
    いては,未だ予断を許さない。 

  2. 穀物生産は,1996年の6930万トンから,1997年には8850万トンへと大幅な増産を達成した
    (表1)。これは,粗放的な農業が行われ天候によっ
    て大きな影響を受ける沿ヴォルガ経済地区・ウラル経済地区での増産の結果である。一方
    で,集約的な農業が行われ高く安定した収穫の見込まれる北カフカース経済地区では,生
    産の低落傾向が現れている。このため,1997年の増産はもっぱら良好な天候条件がもたら
    したものであり,ロシアの穀物生産が今後も回復を続けるとは断言できない。
  3. 畜産分野では,家畜頭数・畜産物生産量は,引き続き低下している。だが,酪農や養鶏部門
    においては生産性の向上が観察されており,畜産復興への基盤が築かれつつある。
成果の活用面・留意点1997年のロシア農業生産は,経済改革開始以来,初めて前年を上回った。しかし,この最
大の要因は,気象条件に恵まれたことであり,今後の動向については予断を許さない。
具体的データ
(表1)
予算区分経常
研究期間1998~1999
発表論文1997年のロシア農業─天候に左右される穀物生産─,農総研季報No.38,1998
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat