超小型風筒式防除機

超小型風筒式防除機

タイトル超小型風筒式防除機
要約その場旋回でき、機体幅が800mmと小型で薬液を空気流にのせて遠方集中散布できる風筒式防除機を開発した。本機による薬液の有効到達距離は 15mであり、傾斜地カンキツ園を大幅に改造しないで楽に精度よく防除作業ができる。
担当機関四国農業試験場 地域基盤研究部 機械化研究室
連絡先0877-62-0800
区分(部会名)四国農業
専門機械
研究対象果樹類
分類普及
背景・ねらい全国のカンキツ園面積のうち、傾斜が15度以上の急傾斜地は全体の半分近くを占める。そこでは、密植栽培が多くしかも樹列間の高低差が大きいため、スピードスプレーヤなど従来の防除機が導入できず、労働負担の大きい手散布による防除作業が行われている。そこで、園地の大幅な改造や改植を行わず作業者の負担を軽減して高精度に防除ができる超小型の風筒式防除機を開発した。
成果の内容・特徴
  1. 開発した風筒式防除機はクローラ走行部を有し、全長
    2020mm、全幅800mm、全高
    1350mm、機体質量470kgと超小型である。本機は静油圧変速機により無段階に変速でき、レパー操作で旋回内側のクローラを逆回転させてその場で旋回できる。防除部は、軸流送風機を取り付けた吐出口径
    400mmの風筒内にノズルを配置し、動力噴霧機で加圧された薬液を空気流にのせて遠方に集中散布する。風筒は、進行方向に対して左
    135~右135度回転でき、自動制御装置により水平軸に対して-
    45~45度の範囲を自動的に振ることができる。薬液タンク容量は
    200L、ノズル噴霧量は17L/minである(図
1、表1)。
  • 本機は、傾斜地カンキツ園に造成した幅80cmの園内作業道を安定して走行できる。また、最小旋回半径は
    0.9mと極めて小さく袋小路でも容易に進行方向を変えることができる。さらに、防除部が風筒式であるため自然風速
    1m/s以下の条件での薬液の有効到達距離は
    15mと遠方に集中散布することができる(表2)。
  • 本機により、斜面畑および階段畑のカンキツ園(樹高
    2m、50本
    /10a)の防除作業を、10a当り散布量が
    400~500L、散布作業時間が
    25~33分(散布速度
    0.15~0.23m/s)、有効付着率が
    90%以上と楽に精度よく防除作業を行うことができる(図2)。
成果の活用面・留意点原傾斜30度以下の斜面及び階段畑のカンキツ園に適用できるが、本機を走行させるため園内作業道幅(
80cm)を樹体1列または
2列おきに設置する必要がある。
  
具体的データ
表1
表2
図2
予算区分営農合理化(地域総合)COLOR="#000000" 5~9年)
研究期間1993~1997
研究担当者岡崎紘一郎、宮崎昌宏、長崎裕司
発行年度1993
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat