定置式細断物サイレージ調製システム

定置式細断物サイレージ調製システム

タイトル定置式細断物サイレージ調製システム
要約多様な飼料作物の細断収穫物を小型ロールベールに梱包し、フィルムで密封してサイレージ調製を行う定置式の調製システムを開発した。本システムにより、細断収穫物を精度よく、取り扱いやすい梱包サイレージに調製できる。
担当機関四国農業試験場 地域基盤研究部 機械化研究室
連絡先0877-62-0800
区分(部会名)四国農業
専門機械
研究対象雑穀類
分類研究
背景・ねらい固定サイロによるサイレージ調製では、サイロの設置に多額の費用がかかり、また、サイレージの取り出しに多くの労力がかかることから、固定サイロの要らないサイレージ調製技術の開発が強く要望されている。このため、多様な飼料作物の細断収穫物を小型ロールベールに梱包し、さらにこのベールをフィルムで密封してサイレージに調製する定置式のサイレージシステムを開発した。
成果の内容・特徴
  1. 開発した細断物サイレージシステムは、定量供給装置、定置式梱包装置、小型ベールラッパから構成される定置式のサイレージ調製装置である。荷受けホッパに投入された細断収穫物は、ホッパ下部のスラットコンベアおよび2台のベルトコンベアにより定置式梱包装置へ運ばれる。定置式梱包装置では、送られてくる細断物を小型ロールベールに成形し、ベールが設定した質量になると細断物の供給を自動停止する。細断物の梱包ロスを少なくするため、手動で長わら2kgを梱包装置に供給してベールの周囲に巻き付けた後、トワイン自動結束して機体後方に放出する。放出されたベールは、小型ベールラッパによりフィルムを巻き付けて密封する(図1、表1)。
  2. 本システムは、細断された多様な飼料作物を取り扱いやすい梱包サイレージに調製することができる。また、小型のロールベールであるためハンドリングが容易であり、しかも切断サイレージであるため給与作業が楽にできる特徴がある。
  3. 本システムにより、細断収穫されたトウモロコシを梱包ロスが4%以下と精度良く、質量45kg、密度130kgDM/m3と高密度に密封できる。また、本システムによる処理量は、二人の組作業で1.1t/hである(表2)。
成果の活用面・留意点
    直刈りのトウモロコシや予乾した野菜残さなどの切断サイレージ調製装置として使用でき、流通をねらいとした取り扱いやすい梱包サイレージ調製に活用できる。材料水分は、中水分(60~72%)が望ましい。
具体的データ
図1
表1
(表2)
予算区分高品質輪作
研究期間1995~1995
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat