良食味水稲「あわみのり」の栽培法 徳島農試

良食味水稲「あわみのり」の栽培法 徳島農試

タイトル良食味水稲「あわみのり」の栽培法 徳島農試
要約「あわみのり」の移植適期は5月下~6月中旬である.「あわみのり」は㎡当たり籾数レべルが高く収量性が高いことと耐倒伏性がやや弱いことから、基肥量は「日本晴」標準量の5~7割程度を目安とする。
担当機関徳島県立農業試験場 作物科
連絡先0886-74-1660
区分(部会名)四国農業
専門栽培
研究対象稲類
分類普及
背景・ねらい「あわみのり」は普通期の主力品種である「日本晴」に替わる良食味水稲として平成11年から一般農家で本格的に栽培されるため、品種特性に応じた栽培法の解明が必要である。
そこで、「あわみのり」の移植適期及び施肥法を「日本晴」と比較し明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 「あわみのり」の収量は、どの作期においても「日本晴」を上回り安定している(図1)。
  2. 「あわみのり」の品質は、5月下~6月中旬移植で良質である。5月下旬より早い移植になると未熟粒(基白、背白)が発現し品質は低下する(図1)。
  3. 「あわみのり」の多収要因は、「日本晴」と比べ㎡当たり籾数が多いためである。また、「あわみのり」は「日本晴」より稈長は短いが、耐倒性は劣る(表1)。
  4. 「あわみのり」は基肥の3~5割減量により、稈長が短く耐倒伏性が高まり、収量低下も認められない(表1)。
  5. 「あわみのり」の穂肥時期については、基肥量が少ない場合は早い穂肥(出穂前26日)が籾数確保に効果があり、また基肥量が多い場合は遅い穂肥(出穂前19日)が登熟を高める効果がある(図2)。

成果の活用面・留意点
  1. 県内平坦部の普通期栽培地域に適用できる。
  2. いもち病にはやや弱いので常発地帯では栽培しない。また、いもち病防除薬剤の箱施用を必ず実施するなど予防対策を十分講じる。

具体的データ
図1
表1
図2
予算区分県単
研究期間1998~1999
研究担当者豊成 傑、薮内和男
発表論文なし
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat