かき「富有」の台風被害(早期落葉)樹における果実品質安定技術

かき「富有」の台風被害(早期落葉)樹における果実品質安定技術

タイトルかき「富有」の台風被害(早期落葉)樹における果実品質安定技術
要約7月下旬に台風被害を受けた「富有」の補正摘果は、落葉率30~50%で着果数の25%、落葉率60%以上で50%程度行うことにより、果実品質が安定する。また、剪定の程度は、落葉率が50%までは剪定率60%、落葉率が60%以上では80%と強めに行うことにより、翌年の果実品質が安定する。
キーワード台風被害、富有、補正摘果、落葉率、剪定の程度
担当機関香川県農業試験場府中分場 栽培担当
連絡先0877-48-0731
区分(部会名)果樹
区分(部会名)四国農業
専門栽培
研究対象果樹類
分類指導
背景・ねらいかき「富有」の7月下旬の台風被害樹における果実品質の安定を図るために、落葉程度別の補正摘果程度及び剪定強度について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 早期落葉樹の補正摘果は、果実の肥大効果を促進する。しかし、落葉率の大きい樹体は、小さい樹体に比べて肥大が小さく、果実の軟化も早い。また、収穫が前進することから、糖度も低くなる(表1)。
  2. 落葉率が20%以下で補正摘果を行わない区を通常の果実生産と仮定した場合、7月下旬に台風被害を受けた「富有」の補正摘果は、落葉率が30~50%で着果数の25%、落葉率が60%以上で50%程度行う必要がある(表1)。
  3. 落葉程度が大きくなるほど、翌年の着花数は少なくなるが、剪定強度による影響は認められない(表2)。
  4. 落葉程度が同一の場合は、剪定を強くすると着果が早期に制限されるため、果実の肥大が促進されヘタスキ果が増加する。しかし、落葉率の大きい樹体は小さい樹体に比べて、その肥大効果が小さい(表2)。
  5. 落葉率が20%以下で剪定強度60%の区を通常の管理による果実生産と仮定した場合、落葉率が50%までは剪定強度60%、落葉率が60%以上では80%と強めに行うことにより、同レベルの果実生産が図られる(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 被害樹の樹勢や品種、被害後の気象条件等について考慮する必要がある。
  2. 慣行の管理作業は徹底して行う。
具体的データ
表1
表2
予算区分県単
研究期間1992~2000
研究担当者片桐孝樹、丸尾勇治郎、村尾昭二
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat