牛舎タイプによる乳牛の防暑対策開始時期判断技術

牛舎タイプによる乳牛の防暑対策開始時期判断技術

タイトル牛舎タイプによる乳牛の防暑対策開始時期判断技術
要約乳牛の暑熱ストレスは牛舎内風速の上昇および牛舎容積当たりの開口部面積の拡大によって軽減され、屋根部材がスレート+断熱材、牛舎周囲が林の場合に最も小さくなる。風速や牛舎構造等が暑熱ストレスに及ぼす影響を体感温度差に換算した値から牛舎タイプ別に防暑対策を開始する体感温度域が判断できる。
担当機関高知県畜産試験場 大家畜科
連絡先0889-22-004
区分(部会名)畜産
区分(部会名)四国農業
専門飼育管理
研究対象乳用牛
分類指導
背景・ねらい
成果の内容・特徴
  1. 風速の上昇および牛舎容積当たりの開口部面積の拡大によって呼吸数、直腸温、平均体温(0.86×直腸温+0.14×体表面温度平均)が低下する。風速が0.5m/秒以上、開口部面積が牛舎容積1m3当たり0.06m2以上で暑熱ストレス軽減が期待できる(図1)。
  2. 各生理反応に対する影響を屋根部材(スレート、スレート+断熱材、その他)で比較すると、スレート+断熱材(厚さ2~3㎝)が暑熱ストレス軽減に最も優れ、牛舎周囲 環境(牛舎隣接、田園地帯、中山間地で林)の比較では林に囲まれている牛舎が暑熱ストレスを受けにくい(図1)。
  3. 風速や牛舎構造等が各生理反応に及ぼす影響を体感温度値(0.35×乾球温度+0.65×湿球温度)差に換算し各要因のF値により加重平均すると表1のようになる。これらの値を個々の牛舎タイプに照合して合計することで、その牛舎における防暑対策開始体感温度域が判断できる。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果は一般の酪農家牛舎において慣例的な防暑対策(送風、換気、ダクト送風)を実施している際に収集したデータを基に、調査牛の産次と乳量、牛舎内の体感温度を考慮した統計モデルにより解析したものである。
  2. 乳牛の暑熱ストレスは風速や牛舎構造等によって異なるが、体感温度に最も影響されることから、暑熱ストレス軽減には体感温度に基づく防暑対策が必要である。
  3. 牛舎の開口部面積は搾乳牛舎の開口部を合算したもので、開口部に育成牛舎や堆肥舎等が併設されている場合は、その面の開口部面積に0.3
    ~0.5程度を乗じて補正する必要がある。

具体的データ
図1
表1
予算区分国補(地域実用化研究)
研究期間2000~2000
研究担当者日浦千尋、萩原一也
発表論文高知県畜産試験場研究報告掲載予定
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat