海洋に分布する植物プランクトンの現存量を海表面濃度から推定する

海洋に分布する植物プランクトンの現存量を海表面濃度から推定する

タイトル海洋に分布する植物プランクトンの現存量を海表面濃度から推定する
要約本州東方海域における植物プランクトン現存量の鉛直分布を最適関数に当てはめた解析の結果、水域別の季節的変化を抽出し、海表面濃度と水中積算量の関係を明らかにして、人工衛星による海洋表層の海色情報から水中全体の現存量を推定できることを示した。
担当機関東北区水産研究所 海洋環境部
連絡先022-365-9929
区分(部会名)水産
専門生物生産
研究対象プランクトン
分類研究
背景・ねらい本州東方海域における植物プランクトンの鉛直分布の季節変化を明らかにすることによって、近い将来人工衛星によって観測が開始される海洋表層の海色情報を利用して、水中全体の植物プランクトン現存量を広域的同時的に求める。
成果の内容・特徴
  1. 植物プランクトンの鉛直分布をガウスと指数の合成関数に当てはめることによって、鉛直分布の特徴を抽出するとともに、海表面から水深200mまでの積算量を求めた。
  2. 鉛直分布は、冬の低濃度一様分布から春期大増殖期の表層集中分布を経て、夏の亜表層極大、秋の表層での小規模な増殖へと季節的に変化した。
  3. 海表面濃度と水中積算量には良い相関関係が認められ、海表面から水中全体の現存量を推定できることが示された。
成果の活用面・留意点人工衛星により供給される海表面の植物プランクトン現存量分布図から、その海域における基礎生産量を算出して、炭素循環などの地球環境問題の理解を深める。
具体的データ
図1.現在普及している水温の人工衛星画像
図3.黒潮水域(A)、混合水域暖水域(B)、混合水域冷水域(C)、におけるクロロフィルの海表面濃度と水中積算量との関係
予算区分経常
研究期間1995~1997
研究担当者稲掛伝三、横内克巳、松尾 豊、杉崎宏哉、友定 彰
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat