噴火湾におけるホタテガイ麻痺性貝毒発生のシュミレーション

噴火湾におけるホタテガイ麻痺性貝毒発生のシュミレーション

タイトル噴火湾におけるホタテガイ麻痺性貝毒発生のシュミレーション
要約麻痺性貝毒の原因プランクトンであるアレキサンドリウム・タマレンセの分布と海洋環境との関連を重回帰分析によりモデル化し、麻痺性貝毒発生のシュミレーションモデルを開発しようと試みた。その結果、予測値と実測値は季節変化の傾向においておおむね一致した。しかし、予測値と実測値との誤差はアレキサンドリウムの分布のピーク時に大きかった。現在、予測精度の向上を目指し、改良中である。
担当機関北海道立函館水産試験場 資源増殖部
連絡先0138-57-5998
区分(部会名)水産
専門漁場環境
研究対象プランクトン
分類研究
背景・ねらい噴火湾におけるホタテガイの麻痺性貝毒は、出荷時期の制限など養殖漁家に大きな経営的打撃を与えている。そこで、貝毒発生時期を予測するためにのシュミレーションモデルを開発し、養殖ホタテガイの計画的な出荷を支援する。
成果の内容・特徴
  1. 噴火湾では、麻痺性貝毒の原因プランクトンは植物プランクトンの一種であるアレキサンドリウム(Alexandrium)属の渦鞭毛藻”アレキサンドリウム・タマレンセ”である(写真1)。
  2. このプランクトンは例年3月上~中旬に、珪藻という植物プランクトンとともに出現、水温の上昇に伴って増殖し、5~6月に水温8~12℃の層に最高の密度で分布、6月に暖流が流入するか、水深30m層まで14℃となると消滅することがあきらかになった(図1)。
  3. これらの知見をもとに、過去14年間の調査データから重回帰分析という方法によるモデルを作り、原因プランクトン増殖のシュミレーションを行った結果、実測値の分布密度のピーク時に誤差が大きかったが、季節変化の傾向はおおむね一致した(図2)。
  4. 現在、予測精度の向上を目指し、シュミレーションモデルの改良を行っている。
成果の活用面・留意点平成9年度まで、重回帰分析によるモデルの精度向上を行い、実用化への可能性を検討する。
具体的データ
写真1
図1
図2
予算区分国費貝毒被害防止対策事業
研究期間1995~1997
研究担当者北海道立函館水産試験場 資源増殖部 嶋田 宏
発表論文北海道(1993,94,95)貝毒被害防止対策事業報告書
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat