魚類の低温適応の分子メカニズム

魚類の低温適応の分子メカニズム

タイトル魚類の低温適応の分子メカニズム
要約動物細胞の低温適応に関わる遺伝子の発現調節機能が魚類細胞を用いる研究によって初めて明らかとなった。この遺伝子は低温下で誘導され、細胞増殖・分裂に作用することによって、低温下でんお細胞機能の維持に寄与することが推定される。
担当機関中央水産研究所 生物機能部 細胞生物研究室
連絡先045-788-7643
区分(部会名)水産
専門魚介類機能
研究対象魚類
分類研究
背景・ねらい変温動物である魚類は、発生、成長、成熟等の生理現象が環境水温によって強く影響されることから、水温の急激な変化や季節変動に対応するための温度順化・適応能を発達させていると考えられる。魚類の温度適応能を解明するため、ニジマスの培養細胞を用いて低温順化現象に関わるタンパク質・遺伝子の同定を試みた。
成果の内容・特徴
  1. ニジマス由来培養細胞は0~24℃の幅広い温度域で増殖可能であることが明らかとなった(図1) 。22℃で培養したニジマス培養細胞を4℃で低温順化処理した際に誘導される遺伝子と特異的に発現したタンパク質を調べた結果、低温下でのみ合成される数種類のタンパク質が見いだされた。
  2. 低温誘導性の遺伝子を単離し、その発現特性を解析したところ、フェリチンH鎖およびcold70遣伝子の転写が低温下で活性化されることが判明した(図2)。これらの遣伝子は低温下で誘導され、細胞増殖・分裂に作用することによって、低温下での細胞機能の維持に寄与することが推定された(図3)。
成果の活用面・留意点温度適応に関わる遺伝子の発現動態を指標として、有用魚種の回遊、行動等生理・生態特性の生化学的解析が可能となり、多様な海洋環境下での魚類の生存戦略の解明や環境ストレス耐性を付与するための種苗生産技術、魚類細胞を用いる環境影響評価法の開発など水産研究への応用が期待される。今後、有用魚種の回遊、行動等生理・生態特性を解明するため、培養細胞系だけでなく、海産魚類、特に卵椎仔魚における遺伝子の解析を進める必要がある。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分魚類の環境ストレス応答に関与する分子機構の解明平成7~11年度
研究期間1995~1999
研究担当者山下倫明、尾島信彦
発表論文Induction of proteins in response to cold acclimation of rainbow trout cells. FEBS Lett.,382巻2号,p.261-263,1996年Molecular cloning and cold-inducible gene expressing of ferritin H subunit in rainbow trout cells. J. Biol. Chem., 271巻43号, p.26908-26913, 1996年
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat