ウミウチワ属褐藻から化学的防御物質を発見

ウミウチワ属褐藻から化学的防御物質を発見

タイトルウミウチワ属褐藻から化学的防御物質を発見
要約西日本沿岸で海藻群落遷移の途中相をなす褐藻ウミウチワとウスバウミウチワから植食動物に対する科学的防御物質を4種発見した。その結果、磯焼け海域における海中林造成に両種を用いた技術開発の展望が拓けた。
担当機関東北区水産研究所 資源増殖部 藻類増殖研究室
連絡先022-365-9932
区分(部会名)水産
専門水産増殖
研究対象海藻
分類研究
背景・ねらい「磯焼け」化したサンゴモ平原を海中林に回復させるためには、海中林へ遷移する機構を解明し、生態系制御による造林技術開発が必要である。このため、遷移の途中相をなして科学的防御物質を生産する海藻を探索し、それらを用いてサンゴモ平原に多数生息する植食動物を排除して海中林の形成を図る必要がある。
成果の内容・特徴
  1. ウミウチワとウスバウミウチワのメタノール抽出物の中性部から植食動物に対して強い科学的防御活性をもつジテルペンの一種(Ⅲ)とビタミンE(Ⅳ)を、またウスバウミウチワの酸性部と水溶性メタノール/アンモニア溶出部からはさらに強い活性をもつ不飽和脂肪酸と結合した2種のフロログルシン(Ⅰ、Ⅱ)を発見した(図1、2)。
  2. 科学的防御活性は、藻体の物理的強度と相関して軟弱なウスバウミウチワの方が高かった。
  3. 両種は、西日本沿岸における海草群落遷移の途中相をなして植食動物を排除することによって海中林の形成に寄与している。
成果の活用面・留意点西日本沿岸の「磯焼け」化したサンゴモ平原に海中林を造成する際に、これら両種は形成過程にある海中林を植食動物から保護する技術を開発するための対象種となる。今後、これら両種の効率的な増殖技術を開発する必要がある。
具体的データ
図1
図2
予算区分大型別枠研究(生態秩序)
研究期間1993~1995
研究担当者谷口和也、關 哲夫
発表論文磯焼けの機構と克服技術としての海中造林、野生生物保護、第1巻第1号、37-50、1995.
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat