ズワイガニに対するかごの漁具能率の推定

ズワイガニに対するかごの漁具能率の推定

タイトルズワイガニに対するかごの漁具能率の推定
要約島根県隠岐諸島周辺海域において曳航式深海用ビデオカメラによってズワイガニの分布観察を行った直後に、目合の異なるかご漁具による漁獲試験を行い、かご漁具の漁獲と生息密度との関係を調べた。かごの漁獲量は、生息密度に一次比例して漁獲が多くなり、本調査手法によりかご漁具の漁具能率を推定できることを確認した。
担当機関水産工学研究所 漁業生産工学部 漁法研究室
連絡先0479-44-5951
区分(部会名)水産
専門漁業生産
研究対象ズワイガニ
分類研究
背景・ねらいズワイガニの資源量は、現在かごやトロール網などの調査漁具の漁獲結果から推定されている。しかし、これらの調査漁具の漁獲特性が充分に把握されていないため、サンプリングの定量性に疑問が残されている。ズワイガニはTACが設定されているため、精度の高い資源量推定を行う必要がある。そのためには、調査漁具の漁獲効率や漁獲能などの漁獲特性を把握する必要がある。本研究では、ズワイガニの生息密度を推定するために開発した曳航式深海用ビデオカメラを用いて、予めズワイガニの生息密度を観測した直後に調査用かごによる漁獲試験を行い、生息密度とかごの漁獲との関係を調べた。
成果の内容・特徴
  1. 曳航式深海用ビデオカメラでズワイガニ類の生息密度を観察した後に、目合の異なる調査用かごによる漁獲試験を行い、生息密度と調査用かごの漁獲量との関係を検討した。調査に使用したかごは、目合150mmのかご10個、130mmのかご10個、25mmのかご20個、合計40個のかごで構成された漁具を用いた。これらのかごを系統誤差を小さくするために、3種類のかご(25mmのかご2個、150mmのかご1個、100mmのかご1個)を1ブロックとし、各ブロック毎にかごの配列を乱数表により決定した。かご漁具の浸漬時間は資源調査で行われている一昼夜とし、曳航式深海用ビデオカメラによる生息密度の観察は投縄直前または前日に行った。図1にこれら40個のかごで漁獲された総漁獲尾数と生息密度の関係を示した。かごの漁獲量は、生息密度に一次比例して漁獲が多くなり、本調査手法によりかごの漁具能率を推定できることを確認した。
  2. 図2に目合25mmかごの1籠当たりの漁獲尾数と生息密度の関係を示した。目合25mmのかごは、ズワイガニ資源量調査で使用されているかご漁具である。図から明らかなように、かごの効率を1とした場合、相関関係を示す1次式の係数は、その面積内にいるすべてのズワイガニが漁獲される面積を示す。図2では、生息密度は1000m2当たりのズワイガニの尾数を用いているので、かごの効率を1とした場合、1657m2の面積内にいるすべてのズワイガニが漁獲されることを示す。したがって、調査用のズワイガニかごの漁具能率を約1700m2と推定することができた。
成果の活用面・留意点本手法によりズワイガニ類に対する調査用かごの漁具能率を推定することができたため、可能となったため、調査用かごの漁獲から従来より高い精度での資源量評価が可能となった。本研究で得られたパラメーターはズワイガニの資源評価票の作成のための資料として利用できる。
具体的データ
図表
図表
予算区分経常・資源調査費
研究期間1997~2000
研究担当者渡部俊広
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat