ウナギ人工ふ化仔魚からの完全養殖実現は近い

ウナギ人工ふ化仔魚からの完全養殖実現は近い

タイトルウナギ人工ふ化仔魚からの完全養殖実現は近い
担当機関(独)水産総合研究センター 養殖研究所 繁殖部
連絡先0599-66-1830
区分(部会名)水産
専門魚介類繁殖
研究対象うなぎ
分類研究
成果の内容・特徴
  1. ウナギ養殖の種苗はすべて天然のシラスウナギに依存している
  2. 資源量減少により,価格の高騰や必要量が確保できない等種苗供給に不安がある
  3. 餌付きや成長の個体差が大きい
  4. 土用の丑の日までに製品化するため早期種苗の需要が高い
  5. 上記問題点解決のため,人工種苗生産が望まれている
  6. 人工孵化は可能なものの,適正な仔魚の餌や飼育条件が分からず育たなかった
  7. 餌や飼育条件の改良により,天然に劣らぬ健全な仔魚の成長が初めて実現し,現在も飼育を継続中
  8. 養殖用種苗として利用可能なシラスウナギまでの飼育達成が大いに期待される
[成果の活用面等]
成果の活用面・留意点シラスウナギの人工生産実現をめざす研究・開発が盛んになる
具体的データ
図表
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat