ヒラメ放流事業の効果

ヒラメ放流事業の効果

タイトルヒラメ放流事業の効果
担当機関福島県水産試験場 栽培漁業部 冨山
連絡先0246-54-3153
区分(部会名)水産
背景・ねらいヒラメ放流事業の効果は、単に回収した数値だけで判断できるものではないが、1996年度から事業化(全長10cm、100万尾の種苗放流、人件費を含む経費約1億円)したヒラメ栽培漁業における経済効果の指標となる放流年級群ごとの回収尾数、回収重量、回収金額を推定した。
成果の活用面・留意点推定結果については、行政、関係団体に周知し、ヒラメ栽培事業の効果的事業展開に寄与する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat