歯舌列数によるエゾアワビ浮遊幼生の日齢推定

歯舌列数によるエゾアワビ浮遊幼生の日齢推定

タイトル歯舌列数によるエゾアワビ浮遊幼生の日齢推定
担当機関独立行政法人水産総合研究センター東北区水産研究所 海区水産業研究部 沿岸資源研究室
連絡先022-365-9931
区分(部会名)水産
背景・ねらいアワビ類は浮遊幼生期を有し,浮遊期間の長さは幼生の移動分散の範囲や変態直後の初期稚貝の生残に大きく影響する。従って,幼生浮遊期間を明らかにすることは,アワビの加入機構や個体群の維持・形成機構を解明する上で重要である。本研究では,室内実験によりエゾアワビ被面子幼生の日齢推定法を開発し,これを用いて天然での幼生浮遊期間を推定した。
成果の内容・特徴
  1. エゾアワビ主産卵期の水温範囲(17~22℃)で被面子幼生を飼育し,受精後日数(日齢)の経過に伴う歯舌列数の変化を調べた。その結果,歯舌は被面子幼生期の着底・変態可能となった段階で既に形成され,その後列数は直線的に増加し,高い水温ほど速く増加することが明らかとなった(図1,2)。
  2. エゾアワビの産卵期に野外で定期的にエゾアワビ浮遊幼生および初期稚貝の採集調査を行った。採集されたエゾアワビ被面子幼生88個体および変態直後の初期稚貝24個体について,室内実験で得られた歯舌列数と受精後日数の関係をもとに日齢を推定した。その結果,被面子幼生では90%が4日齢未満,変態直後の初期稚貝では83%が6日齢未満であると推定された(図3)。エゾアワビ被面子幼生は4日齢で着底・変態可能となるため,天然個体は浮遊期間を延長せずに,着底・変態可能となった段階で速やかに初期稚貝となり底棲生活に移行するものと考えられた。
  1. 活用面:
    天然でのエゾアワビ幼生浮遊期間が明らかとなり,幼生の移動分散の程度が推定される。また,幼生の日齢を逆算することにより産卵日が特定され,産卵日の物理環境等を精査することによって産卵を誘発する主要因の解明が可能となる。
成果の活用面・留意点
  1. 活用面:
    天然でのエゾアワビ幼生浮遊期間が明らかとなり,幼生の移動分散の程度が推定される。また,幼生の日齢を逆算することにより産卵日が特定され,産卵日の物理環境等を精査することによって産卵を誘発する主要因の解明が可能となる。
  2. 留意点:
    変態2日後以降の初期稚貝では歯舌列数の増加速度が生息環境により変動するため,本研究で開発した日齢推定法は歯舌を形成した被面子幼生から変態直後の初期稚貝(周口殻未形成個体)までにのみ適用可能である。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分生態系保全型増養殖システム確立のための種苗生産・放流技術の開発
研究期間2001~2003
研究担当者押野明夫(宮城県気仙沼水試)、高見秀輝(東北水研)
発表論文平成16年度日本水産学会講演要旨集,63 (2004).Aquaculture 213(1-4), 311-322 (2002).
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat