養殖マダイの消化管内容物の時間的変化と給餌に伴う残餌・糞の負荷量について

養殖マダイの消化管内容物の時間的変化と給餌に伴う残餌・糞の負荷量について

タイトル養殖マダイの消化管内容物の時間的変化と給餌に伴う残餌・糞の負荷量について
担当機関和歌山県農林水産総合技術センター 水産増殖試験場 増養殖研究所
連絡先0739-22-0506
区分(部会名)水産
背景・ねらい養殖漁場の底質は養殖漁場の環境を反映する良い指標となるが、そこに大きな影響を及ぼす残餌や糞として負荷される懸濁物の量が明らかにされていない。そこで、マダイを用いて消化管内容物の時間的変化や水槽実験によって残餌や糞の負荷量について検討した。
成果の内容・特徴
  • マダイでは胃内容物が24時間で給餌直後の4.5%になることから胃での滞留時間が24時間であることが示唆された。また、腸では給餌約3時間後に内容物が増加し、24時間後まで大きな変化はなかったが、それ以降直線的に漸減し、72時間後にほとんどなくなった(図1)。
  • 給餌に伴って排出される懸濁物はEP飼料で給餌量の7.7~21.8%(残餌:3.8~15.8%、糞:3.9~6.4%)、MP飼料で12.8~30.0%(残餌:10.1~19.2%、糞:2.6~10.8%)であることが明らかになった(図2)。
  • MP飼料はEP飼料に比べ乾重量にして残餌で3.27倍、糞で2.49倍、懸濁態排出物として2.98倍が排出され、養殖漁場へ与える負荷がより大きいことが明らかになった(図2)。
成果の活用面・留意点マダイ養殖についての有機物負荷量の見積もりが可能になり、環境データと併用することで適正収容量等の推定および漁場環境の管理に役立てることができる。
具体的データ
図表
図表
予算区分国庫委託
研究期間2001~2003
研究担当者上出貴士、竹内照文
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat