窒素負荷低減型高脂質ニジマス用飼料の有効性

窒素負荷低減型高脂質ニジマス用飼料の有効性

タイトル窒素負荷低減型高脂質ニジマス用飼料の有効性
担当機関独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所玉城分室 生産システム部
連絡先0596-58-6411
区分(部会名)水産
背景・ねらい魚類養殖における環境水への窒素負荷を軽減するためには,飼料へのタンパク質配合量を削減し,良質な油脂等をエネルギー源として強化することが有効である。本研究では,既往の知見よりさらにタンパク質含量を削減し,脂質含量を高めたニジマス用飼料の有効性及び同飼料へ必須栄養素(アミノ酸)を強化する必要性について検討した。
成果の内容・特徴
  • 魚粉を主タンパク質源とする粗タンパク質42%,粗脂肪14%(可消化タンパク質/可消化エネルギー:24g/MJ)の対照飼料と比べて,粗タンパク質を32あるいは29%に削減し,粗脂肪を24%にまで高めた(可消化タンパク質/可消化エネルギー:17あるいは16g/MJ)低タンパク質高脂質飼料(表1)でも遜色ない成長と飼料効率が得られた(図1)。
  • 上記の低タンパク質高脂質飼料へ必須アミノ酸を強化することにより,タンパク質の利用性が向上し,飼料効率や魚体タンパク質含量が増加した。その結果,魚体へのタンパク質蓄積率がさらに改善され,環境水への窒素負荷(kg負荷/t生産)を対照区の50%以下に削減できた(図2)。
成果の活用面・留意点
  • 窒素負荷低減ニジマス用飼料の規格策定に活用
  • 高脂質(高エネルギー)飼料への必須栄養素強化の有効性を提言
具体的データ
図表
予算区分交付金(一般研究)
研究期間2004~2005
研究担当者古板博文、山本剛史、杉田 毅
発表論文Aquaculture(投稿中)
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat