漁船乾舷の操業安全性及び復原性に及ぼす影響の解明

漁船乾舷の操業安全性及び復原性に及ぼす影響の解明

タイトル漁船乾舷の操業安全性及び復原性に及ぼす影響の解明
担当機関独立行政法人水産総合研究センター水産工学研究所 漁業生産工学部 安全性研究室
連絡先0479-44-5944
区分(部会名)水産
背景・ねらい現行漁船乾舷規則は、転覆海難漁船のデータをもとに経験的に策定され、過積載や海水打ち込みの防止のほか、予備復原力の担保もしているが操業海域の海象条件は陽的に取り入れられていない。荒天時の過度な海水打込みは甲板作業する漁船員の安全を脅かすばかりでなく、打込み甲板水の滞留及び船内への浸水により復原性が損なわれる。従って海象条件を考慮した、漁船の操業安全性と復原性を合理的に担保できる新たな漁船乾舷規則が望まれる。本研究では科学的・合理的な乾舷規則策定法の基礎的検討として、海水打込みの指標である相対水位の超過確率の理論計算を行い、操業限界波高と乾舷の関係を検討した。また、転覆防止の観点から、復原力に及ぼす乾舷の影響を検討した。
成果の内容・特徴操業時安全性の検討として、実海域波浪を考慮した横波停船時の海水打込みの計算法を検討した。まず、NSM(New Strip Method)を応用して船体舷側の相対水位応答関数を計算し、つぎに不規則波中海水打込み確率(相対水位の超過確率)とブルワーク高さも含めた乾舷との関係式を導き、まき網本船を対象に試計算を行った。その結果は、作業限界波高、海水打込みの許容値のいずれも、実態調査結果と概ね合致する事が判明した。さらに漁船復原性へ及ぼす影響の検討として静復原力計算を行った結果、乾舷の増減は復原力範囲に及ぼす影響は少ないものの低乾舷船の最大復原てこ及び最大復原てこの発生角が著しく減少し、動復原力の観点から乾舷維持が極めて重要であることが判った。
成果の活用面・留意点漁船の操業安全性評価の一指標として、横波停船時の海水打込み確率を乾舷をパラメータに計算した。試計算結果と実態調査結果との比較により、本手法は、漁船乾舷基準の策定に有効であることが分かった。今後の課題として、乾舷規則の改訂に向け、海水打込みに関連性の強い船型要素に関する統計解析や、航行安全性の評価として、船速・出会い角の影響を考慮した船首相対水位等の計算・評価が必要である。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分経常研究・(社)海洋水産システム協会受託研究
研究期間2004~2005
研究担当者松田秋彦(漁業生産工学部安全性研究室)、馬 寧(漁業生産工学部安全性研究室)
発表論文馬 寧:漁船の乾舷設定法に関する一考察、数理水産科学、Vol.2、pp.97-102、2004.8Ning Ma, Harukuni Taguchi, Naoya Umeda, Tsugukiyo Hirayama, Akihiko Matsuda, Kiyoshi Amagai, Shigesuku Ishida: Some Aspects of Fishing Vessel Stability Safety in Japan, Proceedings of 2nd International Maritime Conference on Design for Safety, pp.127- 132, 2004.10
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat