ブルーギルによる卵の捕食がコイ・フナの再生産に及ぼす影響

ブルーギルによる卵の捕食がコイ・フナの再生産に及ぼす影響

タイトルブルーギルによる卵の捕食がコイ・フナの再生産に及ぼす影響
担当機関長野県水産試験場 増殖部
連絡先0263-62-2281
区分(部会名)水産
背景・ねらいブルーギルは他の魚の卵を食べることが指摘されているが、その影響についての具体的報告は少ない。そこで、長野県松本市の田溝池において、コイ・フナの再生産状況を調べるとともに、ブルーギルによる卵の捕食状況について調査を行った。
成果の内容・特徴
  1. 田溝池ではコイ・フナが産卵しているが、稚魚採捕調査ではフナ稚魚が2尾採捕されたのみで,コイ稚魚は採捕されなかった。産卵しているにも関わらず再生産は成功していないことがわかった。
  2. 人工魚巣に付けたフナ卵を田溝池に放養したところ、保護されていない活卵は3時間でほぼ消失し、ブルーギルによる卵の捕食が観察された(図1~3)。
  3. .コイ・フナの産卵期に採捕したブルーギルの胃内容物を調べたところ、42%の個体が卵を捕食していた。
  4. このようにコイ・フナ卵に対するブルーギルの捕食圧は大きく、このことがコイ・フナ卵の主な減耗要因であり、再生産を阻害していると考えられた。
成果の活用面・留意点ブルーギルの影響を具体的に示す事例として、情報発信等に活用する。
具体的データ
図表
図表
図表
研究担当者山本 聡
発表論文長野県水産試験場研究報告 第7号
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat