アルテミアの系統的差異とその利用

アルテミアの系統的差異とその利用

タイトルアルテミアの系統的差異とその利用
担当機関独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所 生産システム部 飼餌料研究グループ
連絡先0599-66-1845
区分(部会名)水産
背景・ねらい近年,移植による新たなアルテミア産地の開発が盛んに行われ,そこで生産された耐久卵製品が国内にも多く輸入され始めている。本研究では,世界各地に移植されたアルテミアが有する原産地株との相違点と相同点を明らかにすることによって,それらの有効利用の考える際の注意点を明らかにする。
成果の内容・特徴産地の異なる6株のアルテミアを用い,それらの生物学的特徴の相違と移植による影響の有無を,卵および幼生の形態と,最も重要な栄養成分のひとつである脂肪酸の組成から予備的に検討した。
  1. 中国福建産(CFJ)
  2. 中国天津産(CTJ):移植されたA. franciscana
  3. 中国臣新疆ウイグル自治区産(CSU)
  4. カザフスタン産(KZS)
  5. ボリビア産(BLV):移植されたA. franciscana
  6. 米国ユタ州グレートソルトレーク産(GSL):原産地のA. franciscana
耐久卵の卵径は,同じA. franciscanaでも天津株が他の二株より少し大きかった。また孵化幼生の大きさも天津株が他の二株より少し大きかった。孵化24時間後の幼生サイズの比較では,ボリビア株だけは他より小さく,また大小の個体差があった。孵化に要する時間では,ボリビア株を除きどの株も孵化管理開始12時間後からアンブレラ期幼生が出現し, 15-18時間で50%程度が孵化した。孵化完了に要する時間は22-24時間前後であったが,ボリビア株はこの時点でも50%程度しか孵化せず,更に数時間を要した。DHAからEPAへの逆変換(レトロコンバージョン)強度の比較のため,強化3時間および9時間後の脂肪酸組成の比較を行った。新疆ウイグル株(A. sinica)とA. franciscanaの比較では,A. sinicaのDHA保持能は高かったが,A. franciscanaではDHAの割合が経時的に減少した。また天津産の移植されたA. franciscanaと原産地のユタ株の比較では,孵化幼生の脂肪酸組成が異なっていたにもかかわらずDHAの保持能に差はなかった。すなわち,DHAからEPAへの逆変換などの代謝生理特性は,生育環境などの後天的な影響を受けない種特異的なものである可能性が高い。
成果の活用面・留意点各事業所で使用しているアルテミアの株,および生産地の正確な情報及び生物学的特徴を的確に把握することは,その有効活用を考える際には重要であり,また種苗の生産成績にも大きな影響を及ぼしうる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分経常研究費
研究担当者吉松隆夫
発表論文平成16年度水産養殖関係試験研究推進特別部会「養殖基盤部会」シンポジウムでの講演,平成17年度日本水産学会大会での口頭発表,アクアネット,8(12), 2005に論文掲載。
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat