青森県陸奥湾海域におけるイカナゴの豊漁が期待できる親魚量

青森県陸奥湾海域におけるイカナゴの豊漁が期待できる親魚量

タイトル青森県陸奥湾海域におけるイカナゴの豊漁が期待できる親魚量
担当機関青森県水産総合研究センター 資源管理部
区分(部会名)水産
専門資源評価
研究対象いかなご
分類研究
背景・ねらい
青森県陸奥湾海域においてイカナゴは沿岸漁業の重要な対象資源となっている。イカナゴの漁獲量は200~12,500トンの範囲で大きく変動しているため、適切な資源管理が望まれている。そこで、伊勢湾のイカナゴ資源管理で行われている産卵親魚量一定方策を参考に、陸奥湾において適正な親魚量を推定するため、資源解析を試みた。

成果の内容・特徴体長(mm)=354.78(1 - e-0.197(t+1.08))と推定した。産卵数は、生物測定により年齢別の平均孕卵数を求め(表1)、2歳魚以上が全て産卵すると仮定して算出した。1歳魚以上の年間生残率については、2001~2005年の夏季に着底トロール調査から推定した年齢別分布密度から算出した平均年間生残率0.41とした。0歳魚の年間生残率は、加入前の初期生残率×(1-漁獲率)×年間生残率0.41とした。漁獲率は、DeLury法により0.82と推定した。初期生残率(加入資源尾数/総産卵数)については、漁獲率、年間生残率に年変化がないものと仮定して求めた(図2)。ただし、漁獲率は、実際の操業状況から判断し、1970~1979年は0.9、1980~1994年は0.5とした。初期生残率は1970年代に高く、1980年代は低いと推定された。また、推定された総産卵数と加入資源尾数との関係を見ると、5兆粒以上で高い加入が期待できた(図3)。これを親魚数に換算すると、およそ3.5億尾に相当する。最近の漁獲量は減少傾向にあり、親魚数も2000年以降減少傾向にあるため、漁獲量を削減して親魚を増やす方策が必要であると考えられた。

成果の活用面・留意点
得られた成果をもとに、現在、漁獲努力量の削減による資源回復計画の作成に着手している。


具体的データ
図表PDFファイル
予算区分国庫補助事業
研究期間2005~2006
研究担当者伊藤欣吾
発表論文発表論文等:平成17年度青森県水産総合研究センター事業報告(印刷中)
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat