藻類用ケイ酸成分供給剤の開発と藻類への新しいケイ酸成分供給方法

藻類用ケイ酸成分供給剤の開発と藻類への新しいケイ酸成分供給方法

タイトル藻類用ケイ酸成分供給剤の開発と藻類への新しいケイ酸成分供給方法
担当機関独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所 生産技術部 育種研究グループ
連絡先0599-66-1830
区分(部会名)水産
専門水産遺伝育種
研究対象他の藻類
分類研究
背景・ねらい
介類の餌料として有用な珪藻類の培養にはケイ酸塩の添加が必須である。これまで,メタケイ酸ナトリウムや水ガラスを適宜添加する方式で行われてきたが,海水中で沈殿が生じたり,培養液が強アルカリ性に変質する欠点があった。今回開発したケイ酸成分供給剤は,中性のケイ酸粒であり,珪藻類の培養期間中,継続的にケイ酸成分を溶出させることが可能である。そのためケイ酸不足による増殖不良が回避された。また,pHも中性であるため藻類の増殖には適切である。

成果の内容・特徴二枚貝類やクルマエビ類など,介類の餌料として有用な浮遊および付着珪藻類の安定培養技術を開発するために,ケイ酸塩の継続的溶出法を開発した。特に,クルマエビ類や二枚貝類の餌料として汎用されている珪藻類に着目し,ケイ酸成分供給剤の有効性を,珪藻類の単種培養試験,培養水の水質分析,水産動物への給餌試験,培養した珪藻類の化学成分分析による栄養価評価を通じて証明した。これまで,バッチ式通気培養方式で珪藻類を培養する場合,ケイ酸塩の欠乏が細胞増殖の制限要因となることが多かった。また,高密度に増殖した細胞の葉緑体は未発達で,栄養価が低いため,餌としての価値は低く評価されていた。本研究で開発した技術により,栄養価の高い珪藻類を高密度に生産することが可能となったことに新規性がある。

成果の活用面・留意点
本研究の成果は介類の種苗生産機関で活用が期待される。我が国に限らず,欧米,中国,オーストラリアでも介類の生産は盛んであり,今回開発した方法は特別の装置を必要としないため,粗放的な生産方式でも門技術を活用できることが利点としてあげられる。留意点としては,本ケイ酸供給剤は水分を含んでいるため乾燥させないように注意が必要である。また,供給量は概ね10L培養液に10~20gを目安にする。また高圧滅菌には適さない。


具体的データ
図表 <a href="/media/chart/0000617693/0000062638" class="icon_pdf">PDFファイル</a>
予算区分農林水産バイオリサイクル研究(農水エコ)
研究期間2000~2006
研究担当者岡内正典
特許出願(公開)藻類用ケイ酸成分供給剤,および藻類へのケイ酸成分供給方法(特許出願中)
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat